ページの先頭です
メニューの終端です。

本市職員の新型コロナウイルス感染について(8月5日)

[2020年8月5日]

ID:15195

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

本市職員の新型コロナウイルス感染について

市民のみなさんへ(8月5日)

市民のみなさんにはこれまでから、ご家庭をはじめ身の回りで新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に取り組んでいただいていることに厚くお礼申し上げます。

さて、本市職員4名の新型コロナウイルス感染に関しまして、濃厚接触者となる職員47名のPCR検査結果は、全員陰性でした。さらに、本庁舎勤務の全職員418名に対してもPCR検査を実施したところ、全員の陰性を確認しました。

こうした状況も踏まえ、業務を停止していた部署について、8月6日から業務を再開いたします。

本市としましても、引き続き、市役所の安全管理に努めるとともに、職員にはこれまで以上に感染防止の意識を徹底させた上で、マスク着用の再徹底と、全職員を対象とした健康観察記録の実施などに取り組んでまいります。

今後も、職員一丸となり、全力で感染拡大防止に取り組んでまいりますので、あらためて市民の皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

市民のみなさんにおかれましても、感染をしない、させないため、3密の回避などの新しい生活様式を徹底していただくとともに、京都府内の感染経路判明の約半数は「飲食を伴う会合」に起因するというデータもあることから、飲食機会等における感染の防止を図っていただくなど、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年8月5日

京田辺市長 上村 崇


市民のみなさんへ(7月26日)

25日に本市安心まちづくり室に勤務する60歳代男性(本市在住)の感染が判明しました。

現在、京都府ならびに保健所において濃厚接触者の把握などの対応を進められており、本市としても京都府と連携を取りながら、細心の注意を払い、適切な対応に努めてまいります。

このことを受けて、感染した4名が勤務する文化・スポーツ振興課および安心まちづくり室と、隣接する市民参画課、人権啓発推進課、管財情報課および監査委員事務局におきましても、感染拡大を防止するため概ね8月5日まで業務を停止することとします。

感染拡大を防ぐとともに市役所を訪れる市民や事業者の皆さんの感染リスクを抑えるための措置とはいえ、皆さんには多大なご心配とご迷惑をおかけしますことを、心からお詫び申し上げます。

さらに、今後の感染拡大を抑えるためには、今がまさに重要な局面であることから、本庁舎勤務の職員に対しPCR検査を実施し、市役所の安全管理に努めるとともに、職員にはこれまで以上に感染防止の意識を徹底させたうえで、マスク着用の再徹底と、すべての職員を対象とした健康観察記録の実施などに取り組んでまいります。

今後も、職員一丸となり、全力で感染拡大防止に取り組んでまいりますので、あらためて市民の皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。


令和2年7月26日

京田辺市長 上村 崇


市民のみなさんへ(7月24日)

22日に新型コロナウイルス感染が判明した本市職員に関連し、新たに2名の職員の感染が判明しました。

感染した2名は、22日に判明した職員と同じ、市民部文化・スポーツ振興課に勤務する職員で、50歳代男性(他市在住)と20歳代女性(本市在住)です。

現在、京都府ならびに保健所において濃厚接触者の把握などの対応を進められており、本市としても京都府と連携を取りながら、細心の注意を払い、適切な対応に努めてまいります。

これまでから職員に対しては服務通達などにより、毎日検温等による健康管理の徹底や手洗い、マスク等の感染防止対策の徹底に努め、市民の皆さんとともに新型コロナウイルスの感染防止に取り組んでいるところでしたが、発熱後も勤務を続けた職員により庁舎内で感染が拡大したことは誠に遺憾であり、感染した3名が勤務する文化・スポーツ振興課の業務を8月4日まで閉鎖することとします。

感染拡大を防ぐとともに市役所を訪れる市民や事業者の皆さんの感染リスクを抑えるための措置とはいえ、皆さんには多大なご心配とご迷惑をおかけしますことを、心からお詫び申し上げます。

このたびの事態を重く受け止め、今後、職員にはこれまで以上に感染防止の意識を徹底させたうえで、マスク着用等による窓口対応の再徹底と、全職員を対象とした健康観察記録の実施などにより、市民生活の安全を守るよう全力で取り組んでまいります。

 

令和2年7月24日

京田辺市長 上村 崇


市民のみなさんへ(7月22日)

本日、本市職員1名が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

当該職員は市役所本庁舎に勤務し、窓口対応をしていない職員でありますが、検査結果が判明した後、同日中に庁舎内の消毒作業を行い、さらに連休中には当該職員の執務フロアの集中的な消毒作業を実施する予定です。

現在、京都府ならびに保健所において濃厚接触者の把握などの対応を進められており、本市としても京都府と連携を取りながら、細心の注意を払い、適切な対応に努めてまいります。

本市ではこれまでから職員に対しては服務通達などにより、毎日検温等による健康管理の徹底や手洗い、マスク等の感染防止対策の徹底に努めているところですが、今後、下記のとおり感染拡大防止の徹底を図ってまいります。

(1)濃厚接触者と判明した者については、保健所の指導のもと健康管理を実施

(2)市職員については連休中、不要不急の外出自粛

(3)全職員は健康管理を行いつつ、体調不良の者は出勤停止

(4)連休中の庁舎への立ち入りは原則禁止

市民のみなさんにはご心配をおかけしていますが、今後も、市民のみなさんが安心して生活を送れるよう、プライバシーにも配慮しながら、全力で感染拡大防止に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年7月22日

京田辺市長 上村 崇


ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所企画政策部秘書広報課

電話: (秘書)0774-64-1322(広報広聴)0774-64-1320

ファックス: 0774-62-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


本市職員の新型コロナウイルス感染について(8月5日)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved