ページの先頭です
メニューの終端です。

令和3年7月19日(月)から7月25日(日)は子どもの事故防止週間です!

[2021年7月21日]

ID:15078

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

水の事故に気を付けて!-家の中でも外でもー

子どもの事故防止週間ポスター

☆ご家庭内での溺水事故にご注意ください!

〇入浴時に溺れる

<注意ポイント>

1.大人が洗髪する際には、子どもを浴槽から出しましょう。

2.浮き輪の使用中でも溺れる事故が発生しています。保護者が目を離す状況で使用するのはやめましょう。

3.お風呂から上がる際には、子どもを先に浴槽・浴室から出しましょう。

首浮き輪を使用するのであれば、取扱説明書等の注意表示をよく読み、絶対に乳幼児から目をはなさないようにしましょう。

☆外出先での水の事故にご注意ください!

〇海での事故
新型コロナウイルス感染拡大防止のため開設をとりやめる海水浴場もあり、ライフセーバーや監視員等の不在による救助の遅れなどが懸念されます。

<注意ポイント>

1.ライフセーバーや監視員等がいるなど適切に安全管理が行われている海水浴場で、指定された遊泳エリア内であることを確認して泳ぎましょう。

2.子どもから目を離さずに手の届く範囲で見守りましょう。

3.離岸流の発生しやすい場所や対処などを知っておきましょう。

4.堤防などで釣りをする際は、ライフジャケットを正しく着用し、堤防の縁からのぞき込まないようにしましょう。


〇川での事故

<注意ポイント>

1.必ず滑りにくく脱げにくいかかとのある履物を履き、ライフジャケットを着用しましょう。

2.今いる場所は晴れていても、上流などで雨が降ると一気に水位が上昇し危険になることがあります。上流で雨が降っているときなど、河川等が増水するおそれが高いときには、川に近づかないようにしましょう。


〇プールでの事故

<注意ポイント>

1.飛び込みやプールサイドからのジャンプは、重大な事故につながります。安全な入り方を知っておきましょう。

2.吸い込まれると危険なので、排水口には近づかないようにしましょう。

3.遊具や台などの下にもぐってはいけません。


※出典元:消費者庁「子どもを事故から守る‼事故防止ハンドブック」、消費者庁「子どもを事故から守る!PROJECT」

子どもの事故防止に関する注意点や豆知識などさまざまな情報を提供しています。是非、ご活用ください。

(1)「消費者庁 子どもを事故から守る!公式ツイッター」

   https://twitter.com/caa_kodomo

(2)「子ども安全メールfrom 消費者庁」

   https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_001/attention/

(3)「子どもを事故から守る!事故防止ハンドブック」の活用

   https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_002/

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市消費生活センター
京田辺市役所 経済環境部 産業振興課内
電話:0774-63-1240
午前9時~正午 午後1時~4時

バナー広告

(広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします)広告募集中


令和3年7月19日(月)から7月25日(日)は子どもの事故防止週間です!への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved