ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に伴う支援等の窓口

[2020年9月1日]

ID:15018

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に伴う、個人・世帯向けの主な支援等は次のとおりです。

事業主向けの支援策や経営相談は、こちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

給付・支給

感染等をした国民健康保険または後期高齢者医療の被保険者

傷病手当金

京都府社会福祉協議会が実施している「緊急小口資金特例貸付」を受けた方

くらし継続応援補助金

貸付額の2分の1(最大10万円)を償還額の一部として京都府社会福祉協議会へ納付します。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

令和2年4月分の児童扶養手当を受給しているひとり親世帯の方

子育て世帯への臨時特別給付

対象児童1人あたり1万円を給付します。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

児童扶養手当受給世帯サポート給付

ひとり親世帯に、1世帯あたり5万円を給付します。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

就学援助について

就学援助制度

経済的な理由により就学が困難な児童・生徒の保護者に対し、学用品費や学校給食費などの費用について、援助を行っています。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

猶予

市税の納付が困難な方

徴収猶予の特例制度

令和2年2月以降の月収が、前年同期から20%以上減少した方は、担保・延滞金なしで1年間猶予されます。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

免除・減免

生計維持者の収入が減少した65歳以上の介護保険被保険者

介護保険料の減免

事業収入が3割以上減少し、他の所得が400万円以下の場合、段階的に減免します。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

国民健康保険税の減免

事業収入が3割以上減少し、他の所得が400万円以下の場合、段階的に減免します。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

収入が減少した方

国民年金保険料免除

令和2年2月以降に収入が減少した場合は、免除される可能性があります。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

新型コロナウイルス感染症に関する融資制度等の手続きのため市が発行する証明書が必要な方

証明書発行手数料免除

各種税証明・住民票の写し・住民票記載事項証明書・印鑑登録証明書が必要な場合に無料交付します(コンビニ交付を除く)。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

コロナ以外でも

生活の困りごとは自立相談支援窓口「仕事とくらしの相談室ぷらす」へ

支援

困窮の状況をお聞きして、必要な支援情報の提供や就労に向けた支援をします。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

住居確保給付金

離職により住居を失う、または失いそうな方に、就職活動のために期限付きで家賃相当額を支給します。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

貸付

生活困窮状態に陥った方に生活資金を貸し付けます。

 詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所  安心まちづくり室

電話: (防災安全)0774-64-1307

ファックス: 0774-64-1305

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved