ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に関する情報について(事業所の方向け)

[2020年7月8日]

ID:14502

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う京田辺市中小企業経済対策

新型コロナウィルス感染症の拡大により、市内でも多くの事業者に影響が出ています。

業況が悪化している市内事業者を支援するため、次の施策を行います。

中小企業等ネクストステージ補助金

新型コロナウイルス感染症経済対策として、国・京都府の下記の補助金の支給決定を受けた市内事業者に上乗せ補助を行います。

申請は京田辺市商工会で受付いたします。

詳細は下記のページをご参照ください

京田辺市商工会ホームページ(別ウインドウで開く)

<対象補助金>

 (1)小規模事業者持続化補助金<一般型>

 (2)小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>

 (3)京都府新型コロナウイルス感染症対策中小企業等緊急応援補助金

※(1)(2)については令和2年3月10日以降、令和2年10月2日までに申請したもの

<補助額>

 (1)(2)の補助金 自己負担額の2分の1以内の額

 (3)の補助金 補助対象経費の3分の1以内の額

※いずれも上限10万円、千円未満切り捨て

  • 問合せ先:京田辺市商工会(電話0774-62-0093)

なお、4月に実施された「京都府中小企業等新型コロナウイルス対策緊急支援補助金」の交付を受けた市内事業者についても、同様の上乗せ補助を行います(手続き不要)

経営個別相談会 

市内事業者を対象に、感染症予防に配慮しオンライン形式を基本とした経営相談会を開催します。

問い合わせ・予約受付は京田辺市商工会でへお願いします。

詳細は下記のページをご参照ください

京田辺市商工会ホームページ(別ウインドウで開く)

<開催日>

 令和2年7月29日(水) 9:30~17:00 (相談無料・事前予約制)

<予約受付期間>

 令和2年7月7日(火)~7月22日(水) ※先着順

返戻保証料の返還全額免除

京都府制度融資(小規模企業おうえん資金ベース枠・ステップアップ枠、一般資金、開業資金)利用者に保証料補給(補助率2分の1、上限10万円)を行っていますが、繰上償還した場合に発生する返戻保証料について、補助率を上回った分の差額を市へ返還していただいていますが、下記の期間中の返戻保証料については「全額返還免除」とします。

  適用期間:令和2年2月1日~令和3年3月31日

例) 
 ・平成30年12月におうえん資金ベース枠300万円を10年で借り入れ、保証料181,500円に対し、市から90,000円の補助を受けた。
 ・令和2年9月に繰上償還して、返戻保証料が122,159円あった。
 ・通常では、実質の保証料は「(当初保証料181,500円-返戻保証料122,159円)×補助率0.5=29,000円(千円止)」となり、過払い分の「90,000円-29,000円=61,000円」を返還していただくことになりますが、期間中は返還不要とします。

無利子化(新型コロナウィルス対策マル経融資)

日本政策金融公庫が3月17日から制度開始した「小規模事業者経営改善資金融資(通称:マル経)の特例措置」に基づき融資を受けた事業者にも利子を補給することで、3年間実質的な無利子化を行います。(特利Fは令和2年3月2日現在、1.21%となっています)

  • 商工会の経営指導を受け、商工会長の推薦が必要です。
  • 融資制度の申し込みは京田辺市商工会(0774-62-0093)までお問い合わせください

 ※4月7日閣議決定により、新型コロナ対策マル経についても国の特別利子補給制度の対象となることが盛り込まれました。国の補給対象外の事業者に市から補給します。

マル経融資の制度概要
区分 マル経(通常) マル経(コロナ対策) 
融資限度額 2,000万円1,000万円 
返済期間
(うち据置期間)

設備資金10年以内(2年以内)
運転資金7年以内(1年以内)

設備資金10年以内(4年以内)
運転資金7年以内(3年以内)

年利 

特別利率F
(令和2年3月2日現在、1.21%)

当初3年間:特別利率F-0.9%=0.31%
3年経過後:特別利率F(1.21%)
市の補助 年利1%相当分以内 年利1%相当以内 
実質年利 0.21% 

当初3年間:0.0%
4,5年目:0.21% 

中小企業成長支援事業補助金等の拡充

新製品開発や展示会出展、人材育成など、がんばる事業者の新たな事業展開を支援するため、補助率を2分の1から3分の2へと拡充します。
 →成長支援事業補助金等の案内はこちら

プレミアム付商品券「Buy京田辺」販売

新型コロナウイルス感染症拡大により落ち込んだ市内経済の活性化と事業者支援を図るため、取扱店舗で使えるプレミアム付商品券「Buy京田辺」を販売します。

なお、取扱店舗募集も同時に行っています。

申込方法など、詳しくは京田辺市商工会ホームページにあるプレミアム付商品券「Buy京田辺」ページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

販売申込=7月17日まで(必着)

取扱店舗申込=7月22日(水)まで

テイクアウト京田辺プロジェクト

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、外出自粛が進み、市内の飲食店にも大きな影響が広がっています。

京田辺市では、商工会・観光協会と連携し、市内でテイクアウトやデリバリーを行う店舗の情報をとりまとめ、ホームページ等で情報発信する「テイクアウト京田辺」プロジェクトを実施しました。現在、同プロジェクトにページでは、市内の店舗のみなさんを応援するため、テイクアウトやデリバリーのサービスを行う市内の飲食店を掲載しているサイトを紹介しています。

府の補助金

新型コロナウィルス対策中小企業等緊急応援補助金(京都府)

コロナウイルスへの対応として行う設備投資や事業継続・売上向上につながる取組等に必要な経費への補助。

京都府ホームページ(別ウインドウで開く)


府の支援制度(その他、新型コロナウイルス感染症関連)

新型コロナウイルスの影響を受ける事業者のみなさんに対する主な支援制度が、京都府ホームページで更新されています。

国などの補助金

持続化給付金(経済産業省)

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金(法人:200万円、個人事業者等:100万円)が支給されます。

2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月がある中小企業・個人事業主が対象です。

5月1日からWeb上での申請「電子申請」が開始されています。また、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、「申請サポート会場(要予約)」が開設されています。

「申請サポート会場」 

【京都会場】住所:京都府京都市下京区室町東入函谷鉾町78京都経済センター7階

【京都駅前会場】住所:京都府京都市塩小路下る西油小路町27YIC京都貸し教室・貸し会議室3号館7F(令和2年5月21日(木)開設)

【宇治会場】住所:京都府宇治市宇治琵琶45-13宇治商工会議所1階(令和2年5月21日(木)開設)

【城陽会場】住所:京都府城陽市富野久保田1-1城陽商工会議所1階(令和2年5月24日(日)開設)

※予約方法はWebもしくは電話にて

電話相談窓口:0120-835-130(自動ガイダンス)、0570-077-866(オペレーター対応)

持続化給付金特設ページ(別ウインドウで開く)

家賃支援給付金

5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金が支給されます。

申請受け付けは、7月14日からです。

家賃給付金コールセンター:0120-653-930

家賃給付金に関するお知らせページ(別ウインドウで開く)

生産性革命推進事業

新型コロナウィルス感染症による影響を受け、サプライチェーンの毀損に対応するための設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取り組む事業者への補助金の公募が開始されています。

  1. ものづくり・商業・サービス補助
  2. 持続化補助
  3. IT導入補助

詳しくは、「中小機構・生産性革命推進事業ポータルサイト(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の証明書発行

市では、小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の申請を行う事業者の方で、補助金の早期の受領を希望する事業者に対して、補助金の概算払い時に必要な「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明」を発行しています。

【対象】 

新型コロナウイルスの影響により令和2年2月以降の任意の1か月間の売上高が、前年同月比で20%以上減少している事業者

【必要書類】

・売上減少の証明申請書(2部)

・売上高の減少を確認できる書類の写し(試算表(写)、売上帳(写)、損益計算書(写)等)

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の証明申請書

雇用関係助成金(厚生労働省)

新型コロナウィルス感染症の影響により、労働者が安心してくことできる環境整備のための事業主向けの支援策があります。

  1. 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金
  2. 雇用調整助成金の特例措置
  3. 時間外労働等改善助成金

詳しくは、「厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

国の支援策(その他、新型コロナウイルス感染症関連)

新型コロナウイルスによる事業所への影響を緩和し、支援するための国の施策です。経済産業省が施策をまとめたパンフレットを公開しており、随時更新されています。

融資等

新型コロナウィルス感染症に関する融資制度の拡充(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫が、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業等向けに融資制度を拡充し、令和2年3月17日から融資を開始します。

一部の対象者については、別途決定される実施機関から利子補給が実施され、当初3年間が実質無利子となる予定です。

また、マル経融資等について別枠融資が創設されました。

詳しくは、日本政策金融公庫ホームページや、ちらしをご覧ください。

日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症に関する融資制度の拡充」ちらし

「新型コロナウイルス対応緊急資金」、「セーフティネット保証4号・5号」、「あんしん借換資金(危機関連枠)」融資制度など(京都府)

京都府が、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業や小規模事業者向けに融資制度を拡充しています。

5月1日からは、民間金融機関による実質無利子・無保証料となる新たな融資制度「京都府新型コロナウイルス感染症対応資金」が創設されました。

資金によって、セーフティネット保証4号・5号、危機関連保証が必要となります。この場合、京田辺市長の認定が必要となります。

新型コロナウイルスに関するQ&A(事業所の方向け)

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所経済環境部産業振興課

電話: (産業支援)0774-64-1364(商工観光)0774-64-1319

ファックス: 0774-64-1359

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


新型コロナウイルス感染症に関する情報について(事業所の方向け) への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved