ページの先頭です
メニューの終端です。

認知症サポーター養成講座について

[2019年7月18日]

ID:13633

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

認知症サポーターとは

「なにか」特別なことをする人ではありません。認知症の人やその家族の「応援者」です。

認知症は、誰でもなる可能性がある病気でもあります。認知症を正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることがスタートです。

認知症サポーター養成講座を受けた方には,「認知症の人を応援します」という意思を示すオレンジリングが渡されます。まちの中で「この人は認知症かな」と思って声をかけるときにも、オレンジリングを身に着けていることで、周囲にも「あの人は、認知症の人のお手伝いをしているんだな」と一目で分かる場合があります。


認知症サポーターの活動

(地域で・・・)

近所に気になる人がいればさりげなく見守る、認知症になっても友人づきあいを続けていく、認知症の人と暮らす家族の話し相手になること等も、認知症の基本を学んだサポーターだからこそできる活動です。

(職域で・・・)

警察や消防、金融機関、スーパーマーケット、コンビニをはじめとする商店、交通機関など生活に密着した業種の方々が、認知症または認知症と疑われる方と接する際にも、適切な対応をとることができ、見守りや早期発見・対応に貢献しています。


認知症になっても、安心して過ごせるまちづくりを、一緒につくっていきませんか??


◆平成31年3月31日時点(認知症サポーター数)

 全国⇒1,146万人

 京田辺市⇒7,782人


対象者

(1)住民の方(地域自治組織など)

例)自治会、町内会、老人会、子ども会、民生児童委員、地域サークル団体など

(2)職域(職域組織・生活関連企業・団体など)

例)企業、商店組織、行政サービス全般、警察、郵便局、電話、電気、ガス、

  鉄道、バス、タクシーなど

(3)学校

例)学生、教職員、PTA、同窓会など

※認知症の人と家族を支える意欲のある方であれば、人数、年齢は問いません。

 研修時間は概ね90分程度とし、研修の受けたキャラバン・メイトが研修を行います。

プログラムの例
内容 
 認知症の基礎知識(DVDを見ながら)
 認知症の方の対応について

 認知症サポーターとオレンジリングについて

 京田辺市での取り組みについて
 質疑応答

申し込み・問合せ先

京田辺市社会福祉協議会(0774-68-5005)もしくは地域包括支援センター〈市役所〉(0774-63-1268)へ

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部高齢者支援課

電話: (高齢者支援)0774-63-1307(地域包括支援)0774-63-1268

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

バナー広告

(広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします)広告募集中


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved