ページの先頭です
メニューの終端です。

京田辺市創業支援事業計画 創業セミナーを開催します!

[2019年11月19日]

ID:12929

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

セミナー内容

新しい価値を創り出し、ビジネスを成功させている2人の女性起業家が、起業のきっかけや現在までのストーリーなどを語ります。なお、講演後は講師を交えた参加者交流会を行います。

開催日時

令和元年12月11日(水)  午後5時から午後7時30分まで

開催場所

同志社大学京田辺キャンパス ローム記念館 1F  多目的スペース

参加費

無料

募集定員

30人程度(申込先着順)

対象

学生・創業予定者・新規創業者

セミナー構成

三宅 えり子 氏 (同志社女子大学 現代社会学部教授)が「女性のための起業家セミナー(同志社女子大学)」などの女性起業家育成支援における豊富な経験・実績をもとに、セミナー全体のコーディネートを行います。

第1部(120分)

◆ 講演  中山 貴美子 氏 (株式会社キンダーキッズ 代表取締役)

  「ないなら作ればいい!」母としてのニーズでつくった保育園

◆ 講演 仙田 忍 氏 (株式会社ルカコ 代表取締役)

  お小遣い5万円自宅起業から、ママの雇用50名を生んだ!小さなお店だからこそできる巻き込みストーリー

◆ 質疑応答等

◆ 支援機関等紹介

第2部(30分)

◆ 講師・参加者交流会

講師・コーディネーター紹介

講師:中山 貴美子 氏 (株式会社キンダーキッズ 代表取締役)

大学卒業後、カナダ留学の経験を活かし英会話スクールで営業・運営を担当。結婚・出産を経て、自身の子どもに英語を学ばせたいという想いをきっかけに、2000年に英語保育園「株式会社キンダーキッズ」を設立。日本人としてのアイデンティティーをしっかり意識しながら、国際的な広い視野と高い英語力を持つ子どもの育成を目標に国内21校、海外3校を経営。

講師:仙田 忍 氏 (株式会社ルカコ 代表取締役)

お小遣い5万円を元手に育児をしながら抱っこひも収納カバー「ルカコ」(商標登録済)を企画・製造・販売。 起業2年で月商650万まで成長、ママ雇用50名以上を生む。夕方16時退社など独自の主婦目線の働き方や地域活性にも取り組む。ネットショップ、百貨店、TSUTAYA梅田MeRiseで販売。ルカコストア(実店舗)は金土11:00-15:00のみで利益が出る仕組みと働き方に。修理保証・常時100柄以上、SNSでの個別フォローなど小さなお店だからできる事を楽しみながら運営。

コーディネーター:三宅 えり子 氏 (同志社女子大学 現代社会学部教授)

同志社女子大学卒、スタンフォード大学大学院教育学部博士課程修了 (Ph.D)。専門分野は教育とジェンダー、リーダーシップ。近年は、アメリカ、台湾、韓国の大学におけるリーダーシップ・起業家育成の研究および女性起業家研究に従事。

申込締切

令和元年12月6日(金)まで

申込方法

「参加申込書」に必要事項をご記入のうえ、京田辺市役所産業振興課へFAXまたはEメールで送信するか、「参加申込書」の各項目を入力したEメール送信により申し込んでください。

運営体制

主催

 ◆ 京田辺市

 ◆ 独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部

 ◆ 株式会社日本政策金融公庫 国民生活事業 京都創業支援センター

共催

 ◆ 京田辺市商工会

 ◆ 山城地域ビジネスサポートセンター

 ◆ 同志社大学リエゾンオフィス

後援

 ◆ 同志社女子大学女性アクティベーションセンター

 ◆ BI(ビジネスインキュベータ)ネットワーク

   関西大学イノベーション創生センター、京大桂ベンチャープラザ(京大桂VP)、 

   立命館BKCインキュベータ、龍谷大学エクステンションセンター(REC)

開催案内・申込書

案内チラシ・参加申込書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所経済環境部産業振興課

電話: (産業支援)0774-64-1364(商工観光)0774-64-1319

ファックス: 0774-64-1359

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


京田辺市創業支援事業計画 創業セミナーを開催します!への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved