ページの先頭です
メニューの終端です。

生活でお困りのことは自立相談支援窓口「仕事とくらしの相談室 ぷらす」まで

[2020年3月30日]

ID:7951

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生活資金にお悩みのみなさんへ

京田辺市社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお悩みのみなさんへ、生活福祉資金貸付制度を行っています。

詳しくは、一時的な資金の緊急貸付に関するご案内をご覧ください。

相談・申込先=京田辺市社会福祉協議会(電話0774-62-5447)

仕事とくらしの相談室 ぷらす

概要

「仕事とくらしの相談室 ぷらす」は、市民のみなさんが生活困窮に陥ることがないよう、支援するための窓口です。専門の相談員が、経済的な問題、仕事の問題、家庭の問題などさまざまな問題の解決に向けお手伝いします。

相談時間

平日8時30分~17時15分。12時~13時、年末年始などを除く。

場所

健康福祉部社会福祉課 自立相談支援窓口

対象

本市在住の、生活に困窮している方およびその心配がある人。

内容

窓口相談による支援とあわせて、就労支援、再就職までの住居確保のための家賃給付、生活資金貸付、児童の学習支援などのメニューで、ご家庭の自立を支援します。

1.自立相談支援事業

  ●生活に困窮している人を早期に把握して、支援できるようにします。

  ●ワンストップ型の相談窓口として、生活に困窮している人への支援の情報とサービスの拠点となります。

  ●さまざまな問題を抱えた生活に困窮している人に、必要な支援を提供します。

2.就労支援事業

  ハローワークと連携し、早期就労を支援します。

3.住宅確保給付金

  離職により生活に困窮し住居を失った人や、または住居を失うおそれの高い人に、安定した就職活動ができるように、期限付きで家賃相当額を支給します。

4.一時生活支援事業

  生活困窮により住居を持つことができない人に、一定期間内に限り宿泊場所や衣食の提供などを行います。

5.生活資金貸付

  生活困窮状態に陥ったくらしの不安定な人に生活資金を貸付し、生活の安定および経済的な自立を支援します。

6.学習支援事業

  経済的な理由により学習が困難な児童に、学習支援の場(無料塾)を提供し、学力と進学意欲の向上を支援します。

相談費用

無料

パンフレットのダウンロード

こちらからパンフレットのダウンロードができます。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部社会福祉課

電話: (地域福祉)0774-63-1127(保護)0774-64-1371

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


生活でお困りのことは自立相談支援窓口「仕事とくらしの相談室 ぷらす」までへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved