ページの先頭です
メニューの終端です。

【認可外保育施設等無償化】施設等利用費の請求について

[2019年12月20日]

ID:14218

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

認可外保育施設等の利用料の請求を受け付けます。

 認可外保育施設等の無償化については、償還払い(一旦保護者が費用を支払い、後から払い戻しを受ける方法)により行います。請求の詳細は以下のとおりです。

請求および支給の時期

 請求の受付は、四半期ごとに行います。

 10~12月利用分は1月以降/1~3月利用分は4月以降/4~6月利用分は7月以降/7~9月利用分は10月以降

 支給時期は、請求があってから概ね1~2か月後となります。

 ※ 施設等利用費を受ける権利の消滅時効は、利用月の翌月1日から起算して2年となりますので、その期間内に請求してくだ

   さい。

対象施設等

 〇 認可外保育施設

 〇 一時預かり事業

 〇 病児保育事業

 〇 ファミリー・サポート・センター事業


 ※ 利用する施設・サービスが、無償化の対象として市町村の「確認」を受けている必要があります。

    「確認」は施設の所在する市町村で行われていますので、京田辺市以外の施設を利用している方は、各市町村へお問い合

   わせください。

    「京田辺市内の幼児教育・保育の無償化対象施設」(別ウインドウで開く)

対象者

 京田辺市から施設等利用給付認定(2号認定または3号認定)を受けて、対象施設等を利用した子ども


 ※ ただし、「十分な水準(平日8時間以上、年間200日以上)」の預かり保育事業を実施している幼稚園を利用されている方は

   対象外です。

 ※ 施設等利用給付認定の申請に必要な手続きについては、以下のページでご確認ください。

    「無償化の手続きについて」(別ウインドウで開く)

請求方法

 本市所定の施設等利用費請求書に、下記の書類を添えて、子育て支援課に提出してください。請求書は、ダウンロードしていただけるほか、子育て支援課窓口でもお渡しできます。

  【認可外保育施設・一時預かり事業・病児保育事業】

    (1) 施設が発行した領収証(口座振替払いの場合は通帳の写し)等、利用料の合計額を支払ったことを証明する書類

    (2) 特定子ども・子育て支援提供証明書

  【ファミリー・サポート・センター事業】

    (1) 援助活動の報告(おねがい会員用)

施設等利用費請求書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

事業者の方へ

 償還払いを行うにあたり、事業者の方には「特定子ども・子育て支援提供証明書」を発行していただく必要があります。

 様式は以下からダウンロードしていただけますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 なお、様式の記載項目が満たされていれば、任意の様式を使用することも可能です。

特定子ども・子育て支援提供証明書

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部子育て支援課

電話: (母子児童)0774-64-1377(保育)0774-64-1376

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


【認可外保育施設等無償化】施設等利用費の請求についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved