ページの先頭です
メニューの終端です。

「産後ケア事業」について

[2021年4月1日]

ID:12192

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「産後ケア事業」に短期入所型・通所型を拡充しました。

退院直後に支援が必要な母子を対象に、宿泊や助産師の家庭訪問などにより、出産後の悩みについて相談支援、実技指導、ケアを行います。

《こんなお悩み、ご心配はありませんか?》

    ・おむつ替えや抱っこ等、なかなかうまくいかない ・身近に相談できるひとがいない

    ・母乳育児について不安がある ・乳房のケアについて分からないことがある

    ・乳房のトラブルで悩んでいる  ・赤ちゃんの沐浴が不安、うまくできない     など

対象となる方

市内に在住するおおむね生後4か月まで(訪問型については生後1年まで)の赤ちゃんとそのお母さんで下記に該当する方

  ・お母さんの体調不良や育児に不安のある方

  ・ご家族などから産後の支援が受けられない方

(ただし、母子ともに感染症の疑いや、入院・治療の必要のない方に限ります)

ケアの内容・種類について

短期入所型(利用施設に宿泊)、通所型(利用施設に通所:短期入所型と併せての利用に限ります)、居宅訪問型(自宅に助産師が訪問)の3種類のサービスがあります。

ケアの内容:出産後の悩みについて相談支援を行うとともに、乳房管理(乳房マッサージ)や沐浴、授乳等の育児指導、ケアを行います。

利用日数・時間

短期入所型:7日まで(1泊2日を1日とします)(午前10時から翌日午前10時まで)

通所型:7日まで(午前10時から午後6時まで)

居宅訪問型:3日まで(2.5~3時間程度/1日あたり)

利用料

短期入所型:9,000円(1日あたり)

通所型:4,500円(1日あたり)

居宅訪問型:2,000円(1日あたり)

※市民税非課税世帯・生活保護世帯は無料

利用できる施設

短期入所型および通所型:京都田辺中央病院、井出産婦人科、京都山城総合医療センター

居宅訪問型:京都府助産師会の助産師が訪問します。

利用の流れ

子育て支援課へ利用の相談(申請)が必要となります。

「京田辺市産後ケア事業利用申請書」に必要事項をご記入いただき、提出してください。

申請後に、子育て支援課で利用の要否を決定し、「京田辺市産後ケア事業利用決定(不承認)通知書」を送付します。

利用後は、利用料を実施施設または訪問助産師に直接お支払いください。

※詳細は、子育て支援課までお問合せください。

産後ケア事業ちらし

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部子育て支援課

電話: (母子児童)0774-64-1376/0774-64-1377(家庭児童相談)0774-64-1377/0774-64-1309

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

バナー広告

(広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします)広告募集中


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved