ページの先頭です
メニューの終端です。

B型肝炎予防接種について

[2016年9月6日]

ID:9864

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

B型肝炎予防接種の定期接種化

 B型肝炎予防接種が、平成28年10月1日から定期接種になります。対象の方には、個別に案内を送付します。

対象者

平成28年4月1日以降に出生した、1歳に至るまでの間にある者

※母子感染予防のためにHBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、対象外となります。

標準的な接種期間:生後2か月から9か月までの期間

接種回数と間隔

接種回数:3回

接種間隔:1回目の接種後、27日以上の間隔をおいて2回目を接種し、1回目から139日以上の間隔をおいて3回目を接種する。

※注意

平成28年4~7月生まれで、10月から初めてB型肝炎を受けられる方は、接種可能期間が短く、接種日程の管理が重要となります。

お早めに接種医とご相談ください。

ワクチンと副反応について

病気とワクチンの概要、副反応については、以下のファイルのとおりです。

B型肝炎予防接種について

厚生労働省リーフレットもご参照ください

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部子育て支援課

電話: (母子児童)0774-64-1377(保育)0774-64-1376

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved