ページの先頭です
メニューの終端です。
FAQ(よくある質問)

自宅でごみを燃やしてもいいですか。また焼却炉があればいいですか?

[2011年7月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

野焼きは一部の例外を除き、法律で禁止されています。野焼きをすると法律で罰せられます。認められている野焼きでも、生活環境に支障を与え、苦情などがある場合は、改善命令や行政指導の対象となります。近所からの苦情が寄せられたときは、すぐに止めましょう。

野焼き禁止の例外(廃棄物の処理および清掃に関する法律施行令第14)

  • 国・地方公共団体が施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  • 災害の予防・応急対策・復旧のために必要な廃棄物の焼却
  • 風俗習慣上・宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
  • 農業。林業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物焼却
  • たき火など日常生活の焼却で軽微なもの

火災と紛らわしい行為の場合は、消防署に届出をしてください。

なお、使用できる焼却炉は、

  1. 燃焼温度が800℃以上であること
  2. 助燃バーナーが設置してあること
  3. 外気と遮断された状態でごみを焼却室に投入できること

(廃棄物処理および清掃に関する法律施行規則第1条の7)

などの基準が満たされていなければなりません。

ご意見をお聞かせください

  • このページの内容はわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所経済環境部環境課

電話: (環境政策/生活環境)0774-64-1366

ファックス: 0774-64-1359

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved