ページの先頭です
メニューの終端です。
FAQ(よくある質問)

家を取り壊すのですが、何か手続きは必要ですか?

[2013年1月4日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

回答

家屋に対する固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日現在の所有者に課税されます。

家屋の全部又は一部を取り壊したときは、面積の大小にかかわらず「家屋取毀申告書」を税務課資産税係まで提出して下さい。年内に取り壊したことが確認できた家屋については、翌年度から固定資産税・都市計画税が課税されなくなります。

申告のない場合、現地確認が出来ず、翌年度以降も引き続き課税されることがありますので、必ず手続きをしていただきますようお願いします。

なお、取り壊した家屋が住宅の場合、「住宅用地の軽減措置」の適用がなくなり、翌年度から通常の税額に戻る場合があります。

※「家屋取毀申告書」については税務課資産税係の窓口に備え付けていますので、印鑑を持参の上、ご来庁下さい。

※取り壊された家屋が登記されている場合は、法務局において建物滅失登記を行って下さい。

ご意見をお聞かせください

  • このページの内容はわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部税務課

電話: (市民税)0774-64-1317(資産税)0774-64-1316(収納)0774-64-1318

ファックス: 0774-64-1308

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved