ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢者用肺炎球菌ワクチン(定期接種)のお知らせ

[2019年4月1日]

ID:13360

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者用肺炎球菌ワクチン(定期接種)のお知らせ

高齢者用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン)は、国の定める定期接種です。国が経過措置の延長を決定したため、2023年度までの間、65歳以上で今までこのワクチンを接種したことがない方については、1人1回、定期接種の機会があります。

対象となる人には、5月末頃に案内を郵送しますので、この機会に接種することをお勧めします。

2019年度の対象者

京田辺市民の方で、次の(1)(2)に該当される方が対象となります。(ただし、過去に23価肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことのある方は対象とはなりません。)

(1)65歳(昭和29年4月2日生~昭和30年4月1日生の方)

 70歳(昭和24年4月2日生~昭和25年4月1日生の方)

 75歳(昭和19年4月2日生~昭和20年4月1日生の方)

 80歳(昭和14年4月2日生~昭和15年4月1日生の方)

 85歳(昭和9年4月2日生~昭和10年4月1日生の方)

 90歳(昭和4年4月2日生~昭和5年4月1日生の方)

 95歳(大正13年4月2日~大正14年4月1日生の方)

 100歳(大正8年4月2日~大正9年4月1日生の方)

 100歳以上(大正8年4月1日以前生の方)

(2)満60歳~64歳の方(接種日現在)で、心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能などに障がいのある方(身体障害者手帳1級相当の方)

費用について

一部負担金 2,500円

次の(1)~(3)に該当される方は、事前に申請していただくことで費用免除になります(要事前申し出)。

(1)市民税非課税世帯(世帯全員が市民税非課税)の方 

(2)生活保護世帯の方 

(3)中国残留邦人等支援給付金受給世帯の方

期間について

申込期間:2020年3月23日まで

接種期間:2020年3月31日まで

※この期間までに接種できなかった場合は、任意接種扱いとなります。

接種方法について

(1)対象者で接種を希望される方は、申込書に記入の上、市健康推進課へ郵送または提出し、予診票の発行を受けてください。

(2)予診票を持参の上、医療機関にて接種を受け、自己負担金2,500円をお支払いください。(事前に費用免除の申請をされた場合には、無料印字された予診票を発行します。)

※京田辺市外の医療機関での接種を希望される場合、医療機関によっては窓口で全額支払後、市より償還払いとなる場合があります(この場合、別途、償還払いの手続きが必要となります。)。

 

定期接種の対象者について

 2023年度までの間は、各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方が対象となります(2019年度のみ101歳以上の方も対象です。)。この制度では、今まで当ワクチンを接種したことがない方を対象に、1人1回、定期接種の機会を設けています。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


高齢者用肺炎球菌ワクチン(定期接種)のお知らせへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved