ページの先頭です
メニューの終端です。

★詐欺の封書にご用心!絶対連絡しないで!

[2019年1月11日]

ID:13086

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ちょっと待った!その契約~実録消費生活相談の現場より

事例

封書イメージ画像

はがきによる架空請求のほか、封書による架空請求が全国で新たに発生しています。

「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」などの公的機関を名乗り、「契約不履行による民事訴訟として訴状が提出された」「連絡なき場合、原告側の主張が受理され、給料・動産・不動産の差し押さえを履行する」などと不安をあおる内容が書かれており、「裁判の取り下げに関して、本人から問い合わせるように」と電話で連絡するよう誘導しています。

被害防止のポイント

これは架空請求の詐欺文書です。連絡するとお金をだまし取られますので、絶対に連絡せず、無視してください。

正式な裁判手続きでは「特別送達」と記載された裁判所の封書が郵便ポストに届くことはありません。

心配な人は、消費生活センターや田辺警察署に相談してください。

 

 <相談・問合せ先>

消費生活センター 0774-63―1240

(平日午前9時~午後4時 正午~午後1時を除く)

田辺警察署    0774-63-0110

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市消費生活センター
京田辺市役所 経済環境部 産業振興課内
電話:0774-63-1240 (相談専用)
午前9時~正午 午後1時~4時

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved