ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度(秋学期)ドイツ・テュービンゲン大学同志社日本研究センター留学生の市内小学校訪問等事業

[2018年12月26日]

ID:13052

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     同志社大学今出川校地にあるドイツ・テュービンゲン大学同志社日本研究センターに留学している大学生が、毎年6月頃と12月頃に市内の小学校(各1校)を訪問し、児童たちと一緒に授業や給食を実際に体験して交流しています。

(秋学期)市立田辺小学校訪問・日本茶文化体験(平成30年12月)

平成30年12月14日(金)、テュービンゲン大学同志社日本研究センターに留学している大学生12名が、市立田辺小学校を訪問し、3限目と4限目の授業に参加しました。

田辺小学校では、3・4年生の授業に参加し、3年生のクラスでは昔遊び体験、4年生のクラスでは習字の授業が行われました。また、留学生が講師となってドイツの文化を紹介する時間も設けました。

3年生の昔遊び体験では、けん玉・折り紙・福笑などを児童と一緒に遊び、仲を深めている様子でした。

4年生の習字体験では、好きな言葉や漢字を半紙に書き、留学生の字の上手さに児童も驚いているようでした。

留学生からのドイツの文化紹介では、ドイツの美しい街並みや食べ物など写真を使って紹介がありました。児童達は興味津々な様子で、元気よく留学生達に質問していました。また、文化紹介のお礼として、児童より歌のプレゼントもありました。

その後、留学生たちは児童と給食を食べ、昼休みを一緒に過ごし、田辺小学校を後にしました。

午後からは、築300年を越える古民家を改修し、最近開所されたコミュニティ施設「草内小学館(京田辺市草内)」へと移動し館内の案内を受けた後、日本茶インストラクターの講師のご協力により、日本茶文化体験を実施しました。

留学生達は、日本茶の歴史学習や日本茶の飲み比べ、抹茶の点て方講座や組紐体験など盛りだくさんのワークショップを行い、日本茶の文化を学びました。

来年2月に母国ドイツに帰国する留学生にとって、思い出に残る貴重な体験になったようでした。

3限目

留学生によるドイツ文化紹介(1)

給食体験

留学生によるドイツ文化紹介(2)

3限目

昔遊び体験(折り紙)

4限目

昔遊び体験(けん玉)

4限目

習字体験(1)

給食体験

習字体験(2)

田植え体験

日本茶文化体験(草内小学館洋室にて)

五平餅試食

日本茶文化体験(草内小学館和室にて)

五平餅試食

日本茶文化体験(草内小学館和室にて)

五平餅試食

組紐体験(草内小学館洋室にて)

五平餅試食

集合写真(草内小学館前にて)

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/地学連携推進)0774-64-1314

ファックス: 0774-64-1305

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

バナー広告

(広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします)広告募集中


平成30年度(秋学期)ドイツ・テュービンゲン大学同志社日本研究センター留学生の市内小学校訪問等事業への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved