ページの先頭です
メニューの終端です。

海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:アメリカ ボストン)

[2018年9月7日]

ID:12770

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

海外留学実施報告書

海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!

お名前

浦田さん

留学先

国:アメリカ

都市:ボストン

受入機関:Brookline Adult & Community Education

留学期間

2018年7月23日から2018年8月3日

報告書

1. 現地でどのような人達とどのような交流をしましたか。

現地のサマースクールでは、ほとんどアメリカ人と二人の中国人と毎日絵を描き、公園に行き、プールに行きました。

2. 現地でどのような点に文化の違いを感じましたか。

建物がほとんどレンガ作りでした。ボストンはヨーロッパ人が街を作ったからだそうです。バスは時間通りに来ませんでした。バスが時間通りに来るのは、日本とドイツぐらいだそうです。スーパーの袋はビニールではなく紙でした。物価がとても高かったです。洗濯は干さずに乾燥機にかけていました。

3. 現地で驚いたことは何ですか。

学校で火災報知器が鳴ったらすぐ、消防車が来て僕達生徒は外に出されました。日本は通報がないと消防車は来なかったのでとても驚きました。

4. 現地で京田辺PRカードを配布したときの反応はどのようなものでしたか。

サマースクールのクリスティー先生や外国人の友達にカードを渡しました。皆、感心している様子でした。

5. 海外留学をすることで、どのような学びがありましたか。

他の家庭にホームステイすることで、日本とアメリカのレンガ作りなどの文化の違いや、自分の家庭との違いが沢山見つかりました。観光ではUSSコンスティテューション号博物館でアメリカの歴史を知り、ハーバード大学のツアーやマサチューセッツ大学の見学をしました。

6. その他感想を教えてください。

アメリカの観光スポットに行けてとても楽しかったです。

写真

スクールメイトとの写真

サマースクールの先生に京田辺PRカードを渡した時の様子

サマースクールでの写真

ボストン美術館にて

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1314 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

ファックス: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1305 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:アメリカ ボストン)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved