ページの先頭です
メニューの終端です。

「男女(みんな)いきいき・さんかくセミナー」参加者を募集中です!

[2019年6月27日]

ID:12435

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

毎日をちょっと心地よくするためのヒントを学びませんか?

市では、性別にかかわりなく誰もがいきいきと活躍することができる男女共同参画社会をめざしています。

このたび開催する「男女(みんな)いきいき・さんかくセミナー」は、男女共同参画に関連する身近なテーマに

ついて学び、暮らしの中で実践するための講座です。

今年も、みんなの毎日をちょっと心地よくするために役立つテーマをご用意しました。

人気講師による3つの講座から、お好きな講座を選んで受講することができます。

もちろん、3回とも申し込んでもOK!ご夫婦などパートナーと一緒のご参加も大歓迎です。

託児もご利用いただけます。(要予約)

▼開催日時・場所・内容等

男女いきいき・さんかくセミナー
回  日時 場所 テーマ ・ 内容

講 師

8月17日(土)

午前10時

 ~12時  

中央公民館 

「よりよい人間関係を築くコミュニケーション術」

 元俳優の講師がより良い人間関係を築くためのコミュニケーションのコツを参加型で分かりやすくご紹介! 共に笑顔で関わるための会話・対話のポイントなどを学びませんか。 

Officeアイム 代表

 森川 あやこ さん

 2 8月31日(土) 

午前10時

 ~12時

 中央公民館

「人生を充実させる『時間の整理収納』」

 片づけ習慣コンサルタント®の講師が時間効率をあげるワザや夢を叶えるコツを脳科学的な視点からレクチャーします!

株式会社MakeLifePlus 代表取締役 片づけ習慣コンサルタント 

 今井 知加 さん

 3 9月7日(土)

午前10時

 ~12時

 中央公民館

「気分晴れやか!自分流ライフスタイルの勧め」

 性別や年齢にとらわれない「自分らしさ」を改めて見つめ直し、自分に合うライフスタイルで心のバランスを整えるコツをご紹介します。

2級キャリアコンサルティング技能士

 村沢 裕子 さん

▼対象

京田辺市内に在住・通勤・通学する18歳以上の方

▼定員

各回30人 (先着順)

▼託児

あり (無料・要予約)

生後6ケ月から就学前までの子どもが対象です。

▼申込方法

(1)市ホームページ申込フォームからお申込み

  ▶申込フォーム(別ウインドウで開く)に必要事項を記入し、送信

(2)FAXでお申込み

  ▶FAX申込書様式(別ウインドウで開く)を出力し、必要事項を記入したものを送信

    あて先=FAX 64-1305 (京田辺市役所市民参画課)

(3)はがきでお申込み

  ▶下記必要事項をはがきに記入して、郵送

   あて先=〒610-0393(住所不要) 京田辺市役所市民参画課

  (1)「男女いきいき・さんかくセミナー」参加希望

  (2)参加を希望する回 <複数回を同時にお申し込みいただけます>

  (3)氏名(ふりがな)・年齢

  (4)住所(市外在住の方は勤務・通学先の名称と所在地も併記)

  (5)電話番号

  (6)パートナーと一緒に参加される方は、パートナーの氏名(ふりがな)と年齢

  (7)託児を希望される方は、託児対象の子どもの氏名(ふりがな)と年齢(1歳未満の場合は月齢)

  (8)今後開催する講座等の案内の希望の有無

▼申込締切

8月7日(水)  ※はがきは当日消印有効

参加の決定は8月8日(木)以降にご連絡します。


なお、締切時に定員に達しなかった場合は、第1回を8月18日(木)まで、第2回を8月29日(木)まで、第3回を9月5日(木)まで、それぞれ先着順で申込みを受け付けます。

(託児の申込みは、各回1週間前までとさせていただきます。)

延長分の申込みは、電話、FAX申込フォームでお申し込みください。

▶電話 64-1314 (市民参画課)

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1314 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

ファックス: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1305 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


「男女(みんな)いきいき・さんかくセミナー」参加者を募集中です!への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved