ページの先頭です
メニューの終端です。

具だくさん冷製豆乳減塩みそ汁(平成30年8月1日号広報掲載)

[2018年8月1日]

ID:12402

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

具だくさん冷製豆乳減塩みそ汁

手軽に作れる朝食の一品を紹介します。

具材は加熱しないため、暑い夏でも飲みやすく、水だしの出汁を冷蔵庫に入れておけば、いつでも手軽にみそ汁が作れます。

トッピングに使うゴマといろいろな香味食材の組み合わせで「和、洋」両方の風味を楽しめ、減塩にもつながります。

具だくさん冷製豆乳減塩みそ汁

材料(2人分)

  • 出汁(昆布と干し椎茸の出汁)・・・120cc
  • 減塩みそ・・・小さじ2
  • 豆乳(無調整)・・・120cc
  • 木綿豆腐・・・1/2丁
  • なす・・・1/2個
  • アボカド・・・1/4個
  • きゅうり・・・1/3本
  • 塩・・・適量
  • ミニトマト・・・6個
  • 大葉・・・2枚
  • 白すりごま・・・小さじ2強
  • レモン・・・適量
  • パルメザンチーズ・・・小さじ1
  • オリーブオイル・・・適量


 【昆布と干し椎茸の出汁の取り方】

  〇材料

    出汁昆布・・・10cm角2枚

    干し椎茸・・・4枚

      水 ・・・・1ℓ(5カップ)

  〇作り方

    (1)昆布と干し椎茸を一晩(7~8時間)水に浸しておく。(夏場は冷蔵庫に入れる)

    (2)昆布と干し椎茸を取り出す。

      ※昆布は乾かして2番出汁に使えます。


作り方

  1. 出汁にみそを溶き入れ、豆乳を混ぜる。
  2. 水切りした豆腐を一口大に切る。
  3. なすは竹串で全体に穴をあけ、ヘタをつけたままラップに包み、レンジ(600W)で2分加熱し、そのまま粗熱をとる。竹串で縦に4等分し、ヘタをとって2~3cmに切る。
  4. アボカドは乱切りにしてレモン汁をふる。
  5. きゅうりは薄い輪切りにし、塩少々をふり軽く水気をしぼる。
  6. ミニトマトは縦半分に切る。
  7. 2~6を器に盛り付け、千切りした大葉をすりゴマと一緒にトッピングする。
  8. 7に1を注ぎ、レモン、パルメザンチーズ、オリーブオイルを加える。
栄養価(1人分)
 エネルギーたんぱく質 脂質 カルシウム 塩分 
 180kcal10.4g10.3g 160mg 0.7g

※熱い出汁に冷たい豆乳を入れるとダマになるので、どちらも冷たいままで合わせます。

 なすはヘタをつけたまま加熱すると、色がきれいに仕上がります。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


具だくさん冷製豆乳減塩みそ汁(平成30年8月1日号広報掲載) への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved