ページの先頭です
メニューの終端です。

海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:アメリカ ロサンゼルス)

[2018年4月18日]

ID:12272

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

海外留学実施報告書

海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!

お名前

北山さん

留学先

国:アメリカ

都市:ロサンゼルス

受入機関:ERDT enVision

留学期間

2018年3月24日から2018年3月31日

報告書

1. 現地でどのような人達とどのような交流をしましたか。

朝の散歩や、バースデーパーティなど、ホストファミリー以外とも関わることが多かったです。みんなとてもフレンドリーでやさしいのですぐに仲良くなることができ、一緒に折り紙をしたり、エア遊具で遊んだりしました。またホストグランドマザーが耳が悪く、手話で話をする必要があったため、アメリカの手話も少し覚えることができました。

2. 現地でどのような点に文化の違いを感じましたか。

毎日三食というルーティーンがないことは、日本との食生活の違いだと感じました。また食事の中身も、味が濃いことや野菜が少ないこと、食事のあいさつがないことにも文化の違いを感じました。さらに生活面ではアメリカ人ほとんどがフレンドリーで、とても気さくに喋ることができました。

3. 現地で驚いたことは何ですか。

一番驚いたことは、School lifeの違いです。すごく自由で、授業中に、おかしを食べたり携帯をさわったりしていたことに驚きました。ランチタイムにはみんながテラスに出たり、風船が飛んでいたりして、まるで文化祭のようで、楽しかったです。

4. 現地で京田辺PRカードを配布したときの反応はどのようなものでしたか。

Beautiful!と驚いてくれました。また、bike race?など、質問もして頂き、京田辺のPRも少しできたのでよかったです。ぱっと目を引くPRカードに興味をもってくれたようでした。

5. 海外留学をすることで、どのような学びがありましたか。

今まで、ほとんど日本で過ごし、日本の文化や習慣が当たり前だと思っていました。しかし、今回の留学で自分の狭かった視野が少し広がったように思います。また、アメリカで英語にどっぷりとつかって、全身で聞くことで、初めはものすごく速く聞こえていた日常会話も、だんだんゆっくりと聞こえるように感じました。さらに、人種、言語の壁を越えて交流することで、お互いの文化を尊重する大切さを学べ、受け入れることができました。短い期間でしたが、大きく成長したのかなと思います。

6. その他感想を教えてください。

アメリカの文化を学ぶだけでなく、日本食を作ったり、折り紙を折ったりして日本の文化を発信することで、よりお互いを理解できたように思います。やはり、実際に足を踏み入れることが大切な成長への一歩となりました。

写真

現地の学校の友達との写真

ホストファミリーに京田辺PRカードを
渡している時の様子

ナッツベリーファーム

高校の先生との写真

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/地学連携推進)0774-64-1314

ファックス: 0774-64-1305

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

バナー広告

(広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします)広告募集中


海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:アメリカ ロサンゼルス)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved