ページの先頭です
メニューの終端です。

海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:オーストラリア アデレード)

[2017年9月28日]

ID:11632

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

海外留学実施報告書

海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!

お名前

岡本さん

留学先

国:オーストラリア

都市:アデレード

学校名:Mt.Barker Waldorf School 

留学期間

2017年8月12日から2017年8月25日

報告書

1. 現地でどのような人達とどのような交流をしましたか。

学校に通う生徒たちと授業を受けました。英語の授業だったので難しかったです。日本語の授業の時は英語で日本語を教えてあげました。あとは、現地の人とバレーボールをしました。すごく楽しかったです。スポーツは言語は関係なく、楽しめるなと感じました。

2. 現地でどのような点に文化の違いを感じましたか。

ホームステイをしている時にいろいろなことを感じました。知っていたけど、家の中を土足で入るとかですね。始めは少し抵抗がありました。でも1週間すごしていると、なれてきました。庭がすごく広かったです。やはり、土地のサイズがちがいますね・・・、と思いました。日本小さいです。

3. 現地で驚いたことは何ですか。

踏切に遮断機がなかった。遮断機がなくても車はちゃんと止まっていたし、事故もなかったです。あと、電車がすごく長かったです。5分ぐらい、ずーっと、はしりつづけていました。ビックリしました。

4. 現地で京田辺PRカードを配布したときの反応はどのようなものでしたか。

おぉ!!という感じでした。楽しそうに読んでくれていて、いい反応をしてくれました。子どもがお父さんと読んで、楽しそうに日本のことについて話していました。

5. 海外留学をすることで、どのような学びがありましたか。

言語のことは学んだというより、自分を試した感じでした。で、学んだことは、オーストラリアの人のフレンドリーな所です。私はオーストラリアに行くまで、少し恥ずかしがりでしたが、オーストラリアに行って自分は変わりました。自然の大切さも、もっと知らされました。オーストラリアで何かを説明されたわけではないのですが、カンガルー島へ行って、自然は大切だと感じました。

6. その他感想を教えてください。

時間がゆっくりすすんでいて、嬉しかったです。学校から帰っても、いろいろすることが出来る時間がありました。

写真

クラスメイト達

京田辺PRカードを渡したときの様子

カンガルー島のアザラシ

ホストファミリーとの夕食

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1314 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

ファックス: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1305 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


海外留学・ホームステイ受入補助金を活用して海外留学された方をご紹介します!(留学先:オーストラリア アデレード)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved