ページの先頭です
メニューの終端です。

健康コラム(18-2)睡眠とスマートフォンの関係

[2017年11月1日]

ID:11565

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

睡眠とスマートフォンの関係

みなさんこんにちは。

今回は私たちの日常と切っても切り離せない存在である「スマホ」と睡眠の関係について掲載します。

 

就寝前に、寝床の中でスマホを見るのが習慣になっていませんか? 

電子機器の画面が放つ光「ブルーライト」は、人間の目でとらえられる光線のなかで一番エネルギーが高く、見続けていると交感神経が興奮し、目が冴えてしまいます。

 

スマホの理想的な使い方は、寝る2時間前にはやめること。

とはいえ、仕事や家族からの連絡がくるかもしれないなど、どうしてもスマホを手放せない場合は、まずブルーライト対策をしましょう。ブルーライトをカットするメガネや、画面に貼る保護フィルムにもブルーライトがカットできるものがあります。

最も良くないのは、スマホの画面をダラダラと長く見続けることです。メールを確認するなど数分見る程度ならばほとんど影響はないので、チェックする時間を決めるなどしておくといいでしょう。

 

就寝時は、スマホをベッドや布団の周りに置くのは厳禁です。スマホが目につくところにあると、どうしても気になってしまいますから、少し離れた場所に置いておくのがおすすめです。

スマホ上手は睡眠上手。かしこくスマホを利用して、質の良い睡眠を手に入れてください。

 

☆睡眠についてはこちら(別ウインドウで開く)のコラムにも詳しく掲載しています。是非ご覧ください。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★市のホームページにて今までの健康コラムをすべて掲載しています。

 健康づくりに役立つ情報がたくさんありますので、ぜひご覧ください。

 ▼今までの健康コラムはこちらからご覧いただけます。

 

★市のホームページでは、”京田辺発「健幸」食改いきいきレシピ”を掲載しています。

 京田辺の特産品を使ったさまざまなレシピを掲載していますので、毎日の献立づくりにぜひ活用してください!

 ▼京田辺発「健幸」いきいきレシピはこちらからご覧いただけます。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


健康コラム(18-2)睡眠とスマートフォンの関係への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved