ページの先頭です
メニューの終端です。

がけ地近接等危険住宅移転事業について

[2017年4月1日]

ID:10672

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

がけ地近接等危険住宅移転事業について

 がけ崩れや土石流などの土砂災害から市民を守るため、危険住宅の移転を行う者に対し、除却等に要する費用と新たに建設(購入を含む)する住宅に要する経費の補助を行います。

 移転を検討されている方は、事前に開発指導課への事前相談および事業予定調書の提出が必要です。

◎対象となる住宅(危険住宅)

 固定資産税の滞納がない市内の住宅で、次の要件のいずれかに該当するもの

  1. 建築基準法第40条の規定に基づき京都府知事が条例で建築を制限している区域(高さ2mを超えるがけの下端(上端)からがけの高さの2倍未満の区域)内にある建設時には適法に建てられている住宅
  2. 土砂災害特別警戒区域(土砂災害防止法第9条第1項)内にある建築時には適法に建てられている住宅
    ※区域の指定状況は、京都府のホームページでご確認ください
  3. 建築後の大規模地震、台風等により安全上の支障が生じ、特定行政庁(京都府知事)が是正勧告等を行った住宅

◎対象者

 対象となる住宅の所有者または居住者で、市税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料、水道料金、下水道使用料などを滞納していない人

◎補助内容

  1. 危険住宅の除却等に要する費用
    (一戸当たり補助金額上限80万2000円)
  2. 危険住宅に代わる新たな住宅の建設(購入を含む)のために金融機関などから融資を受けた場合の利息に相当する額(借入利率は年8.5%を限度とします)
    (一戸当たり補助金額上限415万円)
    ※ただし、保全人家10戸未満の急傾斜地崩壊危険区域から移転する場合は、一戸当たり補助金額上限722万7000円となります。

◎注意事項

  • 交付決定前に契約や解体工事に着手している場合は対象となりません。
  • 空き家は対象となりません。
  • 除却後の跡地は適切に管理するものとし、建築行為はできません。
  • 移転先の住宅は安全な土地でなければなりません。

※お問い合わせ、申請は建設部 開発指導課 建築住宅係まで 電話:0774-64-1341

◎申請様式

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所建設部開発指導課

電話: (建築指導)0774-64-1348(建築住宅)0774-64-1341

ファックス: 0774-62-2844

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

建設部開発指導課


がけ地近接等危険住宅移転事業についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved