ページの先頭です
メニューの終端です。

~本(ホン)で広がる支援の輪(リング)~ ホンデリングプロジェクトにご協力ください

[2018年3月23日]

ID:10025

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


犯罪被害にあわれた方への支援の輪を広げる活動にご協力を

ホンデリング


ホンデリングプロジェクトは、「本(ホン)で支援の輪(リング)が広がってほしい」という願いを込めて名付けられました。皆さんから寄贈いただいた本の売却代金を寄付として、NPO法人全国被害者支援ネットワーク※の犯罪被害に遭われた人への支援活動に役立てるものです。

犯罪被害に遭うと、大きな精神的ダメージを長く抱えるとともに、怪我を負ったり、行政窓口や警察、裁判所で複雑な手続きに関わらなくてはいけなかったり、転居を余儀なくされる、仕事を辞めざるをえなくなる、一家の大黒柱を失うなど経済的負担も負ったりとさまざまなかたちで苦しめられます。

NPO法人全国被害者支援ネットワーク※は、そのような被害者の方たちへ精神的ケアや、病院や警察、裁判所への付き添い支援、経済的支援などを行っています。 また、マスコミや周囲からの根拠のない噂や心ない言葉などの二次的な被害を防止することも重要な任務として、社会啓発に取り組んでいます。

犯罪被害者支援の輪を広げる取り組みに、市民のみなさんのご協力をよろしくお願いします。

※京都府下では、NPO法人全国被害者支援ネットワークの加盟団体である京都府犯罪被害者支援センターが活動しています。

ホンデリング・プロジェクトの直近の結果(別ウインドウで開く)

 

回収箱設置場所

  • 人権啓発推進課窓口(市役所4階)
  • 三山木福祉会館窓口

 

書籍の寄付にあたっての注意点

  • 対象となるのは、ISBNコード(画像参照)がついた本です。
  • ISBNのない本、百科事典、コンビニコミック、個人出版の本、マンガ雑誌、一般雑誌は対象外です。


(ISBNコードの見本)



寄付から支援までの流れ

  1. 市役所にて市民のみなさんから書籍を回収し、買い取り業者(株式会社バリューブックス)へ送付します。
  2. 買い取り業者が書籍を査定し、査定金額が京都府犯罪被害者支援センターに寄付されます。
  3. 京都府犯罪被害者支援センターにて犯罪被害者への支援活動に活用されます。

 

犯罪被害者支援センターの取り組み

個人や企業単位でホンデリングプロジェクトに取り組んでみませんか?

市役所の回収箱以外でも個人や企業単位でホンデリングプロジェクトに参加することができます。寄贈から寄付までの流れは以下のとおりです。

  1. 寄贈する本を段ボール箱に詰め、贈与承諾書を同封する。
  2. 買い取り業者である「株式会社バリューブックス」(0120-826-295)に電話する。
  3. 「ホンデリングに申込み希望」と伝える。
  4. 配送業者が集荷に伺う。(5冊以上であれば送料無料)
  5. 株式会社バリューブックスにて査定。
  6. 査定金額が京都府犯罪被害者支援センターに寄付される。
  7. 京都府犯罪被害者支援センターにて犯罪被害者への支援活動に活用される。

リーフレット・贈与承諾書

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部人権啓発推進課

電話: 0774-64-1336、0774-62-4343

ファックス: 0774-64-1305

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved