ページの先頭です
メニューの終端です。

京田辺発「健幸」食改いきいきレシピ~一休寺納豆入りじゃがいもだんご汁~(平成28年10月1日号広報掲載)

[2016年10月1日]

ID:9764

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

京田辺発「健幸」食改いきいきレシピ~一休寺納豆入りじゃがいもだんご汁~(平成28年10月1日号広報掲載)

市内の寺院「一休寺」で、一休禅師より数百年前から伝わる「一休寺納豆」を使った、じゃがいものだんご汁です。

一休時納豆は昔、肉食をしなかった僧侶がたんぱく質の補給と、保存食として珍重されてきました。

一休寺納豆の塩分とうまみが引き立つレシピになります。

一休寺納豆入りじゃがいもだんご汁

材料(3人分)

  • じゃがいも・・・45g
  • 片栗粉・・・15g
  • スキムミルク・・・5g
  • 水・・・大さじ1/2
  • 一休寺納豆・・・2粒
  • 水菜・・・30g
  • 人参・・・30g
  • 大根・・・45g
  • だし汁450cc
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こいくち醤油・・・小さじ1/4

作り方

  1. じゃがいもを小口切りにし、柔らかくゆでつぶし、片栗粉、スキムミルク、水を加えてこね、6個に分ける。
  2. 一休寺納豆一粒を3等分し、(1)のじゃがいもに入れてだんごを6個作る。
  3. 沸騰した湯に入れてゆで、だんごが浮いてきたら取り出す。
  4. だし汁に塩と醤油を加え味をつける。
  5. 大根、人参はいちょう切りにしてゆでる。
  6. 水菜はさっとゆで、4cmに切る。
  7. お椀に(3)(5)(6)をいれ、、温めた(4)のだしをはる。

料理のコツ

だんごはよくこねると食感がなめらかになります。少し平べったくなるように丸めると火の通りが早いです。

一休寺納豆の紹介

一休寺納豆は、大豆を蒸し、はったい粉と麹を混ぜ、麹室(こうじむろ)の中で発酵させ、塩湯と共に納豆桶に移し、約1年間天日干しにしたものです。

冷蔵庫に入れず、常温で保存が可能です。

一休寺納豆は、一休寺のホームページ内のFAXで注文できます。

健幸レシピがもっと身近に

レシピサイトクックパッドにも作り方を掲載。「京田辺市 一休寺納豆」で検索してください。

http://cookpad.com/recipe/4092549

栄養価(1人分)
 エネルギーたんぱく質 脂肪 カルシウム 塩分 

 43kcal

 1.2g

0.1g 

47mg 

 1.1g

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


京田辺発「健幸」食改いきいきレシピ~一休寺納豆入りじゃがいもだんご汁~(平成28年10月1日号広報掲載)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved