ページの先頭です
メニューの終端です。

軽自動車税の減免

[2017年2月6日]

ID:8581

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 軽自動車税には、心身に障がいのある人などが所有する車両に対する減免制度があります。

身体障害者減免

 心身に障がいのある人や障がいのある人と生計を一にする人が所有する車両のうち、一定の要件を満たす軽自動車は、軽自動車税の減免を受けることができます。

1 対象

 ● 障がいのある人自身が所有する車両

 ● 障がいのある人と生計を一にする人が所有し、主に障がい者のために継続的に使用する車両

 ● 障がいのある人のみで構成される世帯の人が所有し、その世帯を常時介護する人が、主に障がいのある人のために継続的に使用する車両

(注1)障がいの程度で、障がいのある人自身が所有する車両に限る場合があります。

(注2)軽自動車税の減免ができるのは、障がいのある人1人につき車両1台までです。なお、普通自動車で減免を受けている場合は、軽自動車の減免を受けることができません。

2 申請期間

 平成29年度身体障害者減免の申請期間は、平成29年5月頃にお送りする平成29年度軽自動車税納税通知書に同封するご案内でお知らせします。期間外に申請することはできません。

 なお、軽自動車税の賦課期日翌日(4月2日)以降に車両を新規取得、または乗り換えられた場合、減免申請ができるのは軽自動車税が発生する翌年度以降となります。

3 必要書類

 ● 軽自動車税減免申請書

 ● 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳など

 ● 自動車検査証(車検が必要な車両のみ)

 ● 納税通知書

 ● 障がいのある人のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカードまたは通知カード+顔写真付き本人確認書類。コピーでも可)

 ● 印鑑

 減免申請をする場合は、お手元に納税通知書が届いても軽自動車税を納めずに市役所税務課へお越しください。

4 申請場所

 市役所税務課

 ※初回以降の継続申請では郵送でも申請を受付します。ただし、買い替えなどの理由により身体障害者減免を受ける車両が変わる場合は新規申請扱いとなりますので、変更後初回の減免申請は市役所税務課で申請してください。

福祉車両減免

 心身に障がいのある人が使用するために製造または改造された特別の設備を備える軽自動車(福祉車両)は、軽自動車税の減免を受けることができます。申請にあたっては必要書類の提出に加え、車検証で福祉車両と確認できない車両(メーカーからの出荷以降に改造された場合など)は職員による現車確認を行います。

 詳しくは市役所税務課までお問い合わせください。

公益車両減免

 公共団体や教育機関などにおいて市長が公益のために直接専用するものと認める軽自動車は、軽自動車税の減免を受けることができます。

 詳しくは市役所税務課までお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部税務課

電話: (市民税)0774-64-1317(資産税)0774-64-1316(収納)0774-64-1318

ファックス: 0774-64-1308

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


軽自動車税の減免への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved