ページの先頭です
メニューの終端です。

健康コラム(12)【こころの健康について】

[2015年9月1日]

ID:8461

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【こころの健康を考えましょう】

9月10日から9月16日は自殺予防週間です。

うつ病はこころの病気の代表的なもので、多くの人がかかる可能性を持つこころの病気です。

自殺者のうち、かなりの数はこのうつ病が背景にあると考えられています。

人は活動すれば疲れて、疲れれば休まなければならないものです。

2~3日寝不足が続くようなら、少しゆっくり眠るように心がけましょう。

そのとき、よく眠れないようであれば、生活リズムを見直したり、場合によっては医師に相談することが必要かもしれません。

下記のことに注意することで、うつ病を予防できる可能性があります。

 

 

休息のサインを見逃さないで

「疲れ」は、休息を取るようにというサインです。

サインを無視し続けると、うつ病や身体の病気につながる可能性もあります。

疲れることが悪いわけではありませんが、自分に合った休み方・ストレスとの付き合い方を工夫することは大切です。

自分自身の行動パターンや性格を知り、働き方や生活の仕方・ストレスへの対処法を考えることは、こころの健康のためにも、身体の健康のためにも重要です。

 

そして、こころの健康状態をチェックすることも大切です。

あなたのこころは疲れていませんか?

◆こころの体温計でメンタルチェック◆

 

 

◆今までの健康コラムはこちら◆

 

☆市のホームページでは京田辺発「健幸」食改いきいきレシピを掲載しています。

 アレンジ方法も載っていますので毎日の献立づくりにぜひご活用ください。

◆京田辺発「健幸」食改いきいきレシピはこちら◆

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


健康コラム(12)【こころの健康について】への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved