ページの先頭です
メニューの終端です。

マダニにご注意ください

[2015年6月25日]

ID:8337

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マダニにご注意ください

平成27年6月16日に、丹後保健所管内で、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の感染が疑われる患者が確認されました。

ダニの活動が活発な時期ですので、マダニに咬まれないようにご注意ください。

マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に注意しましょう

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは、SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれ感染することで、引き起こされる病気です。

主な症状は、発熱、消化器症状(食欲低下、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛)で、重症化すると死に至ることもあります。

感染防止のため、マダニに咬まれないように注意しましょう

  • マダニは、主に草むらや藪・森林にいます。このような場所で長時間地面に直接寝転んだり、座ったりするのはやめましょう。
  • 草むらなどに入るときは、長袖、長ズボン、手袋、長靴等を着用しましょう。また、色の薄い服はくっついたダニを見つけやすくなります。
  • ダニをよせつけないために、服の露出部分や服にDEET(ディート)などの有効性成分が含まれた虫除け剤の使用も有効的です。虫除け剤は皮膚の露出部分に使うか、衣服の上から使いましょう。(説明書をよく読んで使用してください。)
  • 帰宅後はすぐに入浴し、体をよく洗い、新しい服に着替えましょう。
  • 着ていた服はすぐに洗濯するか、屋外に天日干ししましょう。

もしマダニ類に咬まれたら

  • マダニ類の多くは、人や動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間吸血します。無理に引き抜いたり、つぶしたりせずに、すぐに病院で処置してもらいましょう。
  • マダニに咬まれた後に、発熱等の症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

相談窓口

京都府健康対策課  電話番号 075-414-4726(土曜休日を除く9時~17時)

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


マダニにご注意くださいへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved