ページの先頭です
メニューの終端です。

肝炎医療費助成における助成対象医療の追加について

[2014年11月19日]

ID:7608

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.肝炎医療費助成における助成対象医療の追加について(インターフェロンフリー治療)

 平成26年9月2日に、保険適用となったインターフェロンフリー治療(ダクラタスビルおよびアスナプレビル併用療法)が新たに医療費助成の対象となりました。

【助成期間】 申請を受理した月の初日から7か月間

【経過措置】 平成27年3月31日までに申請を受理した場合、平成26年9月2日(保険適用開始日)まで遡及可

【認定基準】 HCV-RNA陽性のC型慢性肝炎またはChild-Pugr分類AのC型代償性肝硬変で、インターフェロンを含まない抗ウイルス治療を行う予定、または実施中の者のうち、肝がんの合併のないもの

※ 上記については、1回のみの助成とする。なお、インターフェロン治療歴の有無を問わない。

【医療費の自己負担額】 毎月の自己負担額の上限額が、世帯の市民税課税年額に応じて2段階(1万円、2万円)に区分されます。患者さんの負担額は決められた上限額までです。

肝炎についてのお知らせ(京田辺市ホームページ)

【申請・お問合せ先】
 京都府山城北保健所 電話:21-2911
 京都府山城北保健所綴喜分室 電話:63-5745

京都府ホームページ

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


肝炎医療費助成における助成対象医療の追加についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved