ページの先頭です
メニューの終端です。

寄附金控除について

[2015年9月1日]

ID:6808

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

寄附金控除について

2,000円を超える寄附をされた場合、超えた部分が「その年分の所得税および復興特別所得税」と「翌年度分の個人住民税」から差し引かれます。

控除を受けるためには確定申告が必要です。京田辺市が発行する「寄附金受領証明書」を添付して、寄附をした年分の確定申告を行ってください。

 

寄附金控除の一例

年収500万円で扶養控除は配偶者のみ、所得税率10%の場合
30,000円を寄附した場合、28,000円が軽減され、さらに京田辺市の特産品がもらえます。

個人住民税の控除は、個人住民税所得割の概ね2割が上限となります。

上記はモデルケースであり、実際の控除額は寄附者の所得や控除によって異なります。

詳しくは、総務省のホームページをご覧ください。

 

法人のみなさんへ

法人については、ふるさと納税制度とは別の寄附控除制度が適用されます。
(法人税額の算定上、寄附金を支出した事業年度で寄附金額の全額を損金算入することができます。)

 

関連ページ

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所総務部財政課

電話: (財政)0774-64-1312

ファックス: 0774-63-4781

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


寄附金控除についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved