ページの先頭です
メニューの終端です。

無作為抽出

[2018年1月4日]

ID:6579

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

無作為抽出

無作為抽出は「でたらめ」とは異なります。

例えば、市民の市役所への要望を調べるために駅前ででたらめに1000人にアンケートをとったとしても、

回答者は、その日に、駅を利用していて、アンケートに答える時間のある人にかたよってしまいます。

こうしたかたよりがないように標本調査を実施するためには、無作為抽出を行う必要があります。

<典型的な無作為抽出の方法>

  1. 母集団全員のリスト(標本フレーム)を用意する
  2. 標本フレームに含まれる全員に一連の通し番号を付ける
  3. 「乱数」に従って、通し番号から確率的に調査対象となる番号を選び出す

詳細については、総務省統計局ホームページ「標本調査とは?~調査のしくみと設計~」

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所総務部総務室

電話: (総務調整/文書統計)0774-64-1337

ファックス: 0774-63-4781

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved