ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度京田辺市男女共同参画チャレンジセミナーが開催されました

[2014年2月18日]

ID:6455

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 区・自治会が男女共同参画に関する認識を深め、男女が共に参画する地域社会を促進するため、当該区・自治会が希望するテーマに沿った講師を派遣しました。

セミナーの内容

1 開会

2 区長のあいさつ

3 講演

   演題 「男性の介護」

    講師 NPO法人スマイルウェイ代表  西山 良孝さん

4 質疑応答

5 閉会

 講師の西山さんは、男性介護者の現状を説明。介護者が孤立しないために心がけることや、地域での支援について、実践に基づいてお話されました。

日時・場所・参加者

河原区

  (1) 日時

    平成26年2月10日(月曜日)午前10時30分~午前11時30分

  (2) 場所

    河原公民館

  (3) 参加者

    22人

記録写真

男性介護者の現状や課題についてわかりやすく説明される西山さん

アンケート結果

アンケートの結果を一部紹介します。

今回のセミナーの内容は、わかりやすかったですか。(1つ選択)
選択肢回答数割合(%)
大変わかりやすかった1463.6
わかりやすかった836.4
わかりにくかった00.0
大変わかりにくかった00.0
合 計22100.0
今回のセミナーについてのご意見、ご感想
・大変良いセミナーでした。講演者の実践に基づいた講演に感動しました。
・男性の介護者が増加していて、その介護の困難さの実態が理解できました。
・男性介護者の哀しい事件がある事は知っていましたが、自身がその立場になった時、どうすれば防げるか、乗り越えられるか、参考になった。
・ビデオがわかりやすかった。日頃から夫婦で話し合おうと思っている。
・認知症の親の介護を妻にまかせていたが、70才以上になり、ある程度の見識を得て、もう少し理解ある介護をしていればと反省しています。
・統計を示しながらの講演会で、説得力があったと思う。
・介護のビデオを見て、現在の状況の大変さを知りました。主人とテレビのニュース等を見ながら、いろいろ会話をし、いずれやってくるだろうと不安を感じたりしていますが、家族や友人、隣人と話をしながら、お互いはげましたり、参考意見をもらったりしてすごしています。今回のセミナーはとてもありがたく思いました。フレディーの言葉が心に残り、介護を受ける側の気持ちをうけとめ参考にさせていただきます。
・お話の中で男性と女性の感情の中身が違う事が分かり、なるほどと思った。
・すごくわかりやすかったです。誰でも介護に直面する時代になった時に参考にする。
・大変参考になりました。
・先生がよかった。
・介護は昼夜問わずするものですので、男女関係なくすればよいと思いました。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1314 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

ファックス: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1305 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


平成25年度京田辺市男女共同参画チャレンジセミナーが開催されましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved