ページの先頭です
メニューの終端です。

同志社女子大学×広報京たなべ  連載第1回「一休(ひとやすみ)バルを体験」

[2014年2月4日]

ID:6308

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

学生レポーターが行く

同志社女子大学では、学生がバーチャル企業を立ち上げ、京田辺市の活性化に取り組む授業が行われています。広報京たなべ1日号では、バーチャル企業の1つ「京たな」とコラボし、市の話題をお伝えします。

内容は、広報京たなべ平成25年11月1日号に掲載した内容です。

新しいお店との出会い・魅力を発見

こんにちは、だんだん寒くなってきましたが、みなさんお風邪をひかれていませんか?

同志社女子大学情報メディア学科に通う私たち、京たなのメンバーは10月18日・19日の「一休(ひとやすみ)バル」に参加しました。

最近、バルというイベントは、さまざまな地域で催されています。「一休バル」は、食べて楽しむだけでなく、観光やショッピングの要素も取り入れているのが特徴です。

私たちは、どの店に入ろうかウキウキしながらチケットを購入。パンフレットを片手に、風味豊かなおそば屋さんや、キャベツの甘さとソースがおいしいお好み焼き屋さんでお腹を満たし大満足。どの店でも、自慢の一品メニューとワンドリンクなどのおもてなしがあり、たくさんの人でにぎわっていました。

また、ショッピングのほかにも、エステなどでお腹を一休みさせることもできる驚きのイベントでした。

知らなかったお店との出会いと魅力を知ることができた2日間!また、みんなで行ってみたいと思います。

バルの流れ

チケットを購入します。

チケットを購入します。

お店を選びます。

お店を選びます。取材のときは、一休バル実行委員長の森本能文さんからそれぞれお店の魅力を教えてもらいました。

入店して、バルメニューを存分に楽しみます。
かわいいバッグがもらえる特典などもあり!

かわいいバッグがもらえる特典などもあり!

京たなツイッターページ

私たちが取材した内容は、京たなツイッターで紹介しています。

アカウント名:@kyotana2013

ツイッターページ:http://twitter.com/kyotana2013

 

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所企画政策部秘書広報課

電話: (秘書)0774-64-1322(広報広聴)0774-64-1320

ファックス: 0774-62-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


同志社女子大学×広報京たなべ  連載第1回「一休(ひとやすみ)バルを体験」への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved