ページの先頭です
メニューの終端です。

水害時の衛生対策と消毒方法

[2013年9月27日]

ID:5940

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

水害時の衛生対策と消毒方法

水害により、家屋等が雨水等の汚水に浸水すると、その後、細菌等が繁殖しやすい環境になり、食中毒や感染症が発生する恐れがあります。これらを予防するため、次のことに注意しましょう。

床上、床下浸水の場合の対応について

(1) 家の周囲や床下などにある汚泥や水をかき出したうえで、不要物を片づけ、風通を良くし乾燥させましょう。汚染や臭いが心配な時等は、必要に応じて消石灰をまきます。(クレゾール石けんの散布は独特の臭いが強く、居住部分にはお勧めしません。)

(2) 汚水等で汚染された床、壁、家具等水洗いが可能な物は、十分に水道水で水洗いし、風通しをよくして、日光で十分に乾燥させてください。必要に応じて、使用濃度に薄めた消毒薬(逆性石けんや家庭用漂白剤)で拭き掃除をします。(消毒は、洗浄後でないと効果を発揮することができません。)

(3) 冷蔵庫や食器棚等は、汚れをきれいに拭き取った後、消毒用アルコール等で拭き取り消毒をしてください。

(4) 食器類や調理器具等は、きれいに汚れを洗い流した後、熱湯消毒しましょう。熱湯消毒できない物は、台所用漂白剤に浸して消毒した後、きれいな水で洗いましょう。

食中毒と感染症予防について

(1) 石けんを使ってよく手を洗いましょう。特に食事、病人の世話、赤ちゃんの世話のときなどは、手洗いを念入りにしましょう。調理や食事前、用便後には、必ず石けんで十分に手洗いをしましょう。

(2) 生水は飲用しないでください。

(3) 汚水等で汚染された井戸、受水槽については、安全を確認した後使用しましょう。

(4) 水に浸った食品や、停電により保存温度が保てなかった要冷蔵・冷凍食品はできるだけ廃棄してください。

(5) 発熱、下痢、腹痛などの症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。水害後の後片付けで疲労が蓄積すると体の抵抗力が低下します。慢性疾患に罹っている人、高齢者、乳幼児は特に注意しましょう。

消毒方法について

消毒薬は、過剰に使用すると人の健康や環境へ影響を与えることがあります。使用は必要最小限としましょう。また、使用の際には、取り扱い説明書に従い、事故が起こらないよう注意しましょう。

特に小さなお子さんがいる家庭では、消毒薬を誤って飲まないように注意しましょう。

 

家庭で使いやすい消毒薬

●次亜塩素酸ナトリウム液(家庭用塩素系漂白剤:商品名 ハイター、ブリーチ等)

食器類の消毒には、薬液に5分以上浸した後、水洗いします。

0.02%濃度にうすめて使用します。

(塩素濃度5%の製品のうすめ方:水1リットル+本剤4ml)

 

用途に応じた消毒液の濃度
用途 食器類の消毒(おしぼり等) 家具・寝具・物品の消毒 

 濃度

 0.02%0.025%~0.05% 

 希釈倍数

(キャップ)

希釈水

 250倍

キャップ1杯弱

約4ml

 200倍~100倍

キャップ1杯~2杯

5ml~10ml

※ 混ぜると危険:他の薬剤(酸性のトイレ洗浄剤等)と混ぜないように注意しましょう。

※ 使用の際は、手袋をしましょう。

※ 金属に使用した後は約10分後に水拭きをしてください。

※ 使用後は必ず窓を開ける等十分な換気をしてください。

※ 誤飲等の事故防止のため、ペットボトル等を使用した場合には、「消毒薬」と明記してください。

 

●逆性石けん(塩化ベンザルコニウム等)

 家具や床等の消毒(雑巾に浸して拭く)に適しています。

 0.1%濃度にうすめて使用します。

(10%製品のうすめ方:水1リットル+本剤10ml)

 

●速乾性すりこみ式手指消毒薬

 水道水と石けんでよく手洗いした後、きれいなタオルで拭き、本剤を適量手指にすり込む様にして使用します。

 

●消毒用アルコール

 冷蔵庫等の消毒に適しています。本剤をしみこませた布等で拭きます。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


水害時の衛生対策と消毒方法への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved