ページの先頭です
メニューの終端です。

平成24年度平和事業(ひろしま訪問事業、平和のつどい、平和展、こども平和映画会等)

[2014年10月23日]

ID:5436

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひろしま訪問事業

京田辺市非核平和都市宣言の趣旨をふまえ、次代を担う小・中学生が広島平和記念公園等を訪問することで、核兵器の恐ろしさや戦争の悲惨さを実感し、平和の大切さと生命の尊さへの思いを深めてもらうために、平成24年度は、7月23日(月)から24日(火)の1泊2日の日程で、小・中学生31名が広島平和記念公園等を訪問しました。

日程および訪問の様子

◆1日目(平成24年7月23日(月))

午前 6時45分      集合・出発式

午前 7時00分  出発

午後 0時00分  広島市到着

午後 1時40分  見学(原爆ドーム)

           見学(国立広島原爆死没者追悼平和祈念館)

午後 5時10分  宿舎到着(広島市内)

午後 7時00分  千羽鶴の仕上げ作業

「原爆ドーム」前での集合写真

「原爆ドーム」前での集合写真

「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」で熱心に被爆者の体験記等を閲覧

「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」で熱心に被爆者の体験記等を閲覧

みんなで作った折り鶴に平和への願いを込めた短冊を付ける参加者

みんなで作った折り鶴に平和への願いを込めた短冊を付ける参加者

◆2日目(平成24年7月24日(火))

午前 9時00分  千羽鶴を捧げる(原爆の子の像)

           献花(原爆死没者慰霊碑)

午前 9時40分  見学(平和記念資料館)

午前11時00分  被爆体験証言者からの講話

午後 1時40分  広島市出発

午後 7時30分  到着・解散式

「原爆の子の像」周辺にある“折り鶴台”に捧げた千羽鶴

「原爆の子の像」周辺にある“折り鶴台”に捧げた千羽鶴

「原爆死没者慰霊碑」に献花する参加者

「原爆死没者慰霊碑」に献花する参加者

「広島平和記念資料館」で爆心地付近のパノラマ模型を見学

「広島平和記念資料館」で爆心地付近のパノラマ模型を見学

被爆体験者(岡田恵美子氏)から講話を受講

被爆体験者(岡田恵美子氏)から講話を受講

感想文集の作成

平成24年11月に参加者の感想文を集めた『平成24年度平和を考える小・中学生ひろしま訪問事業感想文集』を作成しました。

市立各小・中学校および図書館で閲覧できます。

また、代表者2人(小・中学生それぞれ1人)が平和のつどいで発表しました。

平成24年度感想文集

平成24年度感想文集

参加者からの主な感想

・広島に行く前の自分の平和に対する考えと、今の考えは大きく変わりました。

・命の尊さと大切さを改めて知ることができました。

・原爆ドームは、二度と同じような悲劇が起こらないように、戒めや願いを込めて負の世界遺産として残されていると知りました。

・原爆の子の像に世界中から千羽鶴が集まってくることを聞き、世界で考えても平和に対する気持ちは変わらないと思いました。

・世界から核兵器がなくなるまで燃やし続けられる「平和の灯」が、一日でも早く消せたらいいと思いました。

・たくさん原爆を落とされたと思っていたけど、たった一発で広島がつぶされたと知ってとても驚きました。

・原爆がどれほど恐ろしく、無残なものなのかをより深く学べました。

・被爆体験者の話を聞いて今も原子爆弾のことを背負いながら、苦しみながら生きていると感じました。

・本やテレビからの情報より、実際に自分の目で見て、自分の耳で話しを聞いたりする方が、多くのことを感じることが出来ると分かり、参加してよかったです。

・祈念館や資料館では、あまりにも怖くて目を背けてしまいそうでしたが、勇気を振り絞って見ました。

・普段の生活ではさらに上のことを求めていますが、本当は命の危険もなく平和が当たり前であるというだけで、とても幸せであることを忘れてはいけないと思いました。

・日本は唯一原爆を落とされた国なのでその悲惨さを多くの人に伝える使命があると思います。

・僕には大切な家族、友達、そして叶えたい夢があります。それらを核兵器でなくすことがないよう大切な人たちに広島で見たこと、聞いたことを伝えたいです。

・京田辺市非核平和都市宣言にもあるように、小さな力でも一人一人が平和の実現に向けて努力することが大切だと思いました。

平和のつどい

●日時  平成24年8月5日(日)午前9時30分~午前11時30分

●場所  京田辺市立中央公民館

●内容  平和祈念黙とう

      平和メッセージ披露(広島市長、長崎市長、沖縄県知事)

      平和書道展入賞者表彰

      平和を考える小・中学生ひろしま訪問事業感想文発表

      沖縄芸能 はいさい歌舞団「ひびけ沖縄のこころ」公演

沖縄芸能はいさい歌舞団による踊り

沖縄芸能はいさい歌舞団による踊り

平和展

●日時  平成24年8月5日(日)~10日(金)

       午前10時(5日は正午)~午後4時(10日は正午)

●場所  京田辺市コミュニティホール

●内容  パネル展示「沖縄戦」

      平和書道展(市民(児童・生徒・一般)から募集した平和書道作品展273展を展示)

      平和を考える小・中学生ひろしま訪問事業の展示

      平和市長会議コーナー設置(署名コーナー等)
パネル展示「沖縄戦」

パネル展示「沖縄戦」

平和書道展

平和書道展

「平和を考える小・中学生ひろしま訪問事業」の展示

「平和を考える小・中学生ひろしま訪問事業」の展示

平和市長会議コーナー(原爆パネル展と署名コーナー)

平和市長会議コーナー(原爆パネル展と署名コーナー)

平和図書展

●日時 平成24年8月4日(土)~15日(水)

      午前10時~午後6時(土・日曜日のみ午前10時~午後5時)

●場所 中央図書館

●図書展示内容 「沖縄戦~戦時下の人々~」

●展示図書数 181冊(うち貸し出し数 69冊)

平和映画会

●日時 平成24年8月4日(土)および11日(土)

     午前10時30分~

●場所 中央図書館

●上映内容  4日 「ひめゆりの塔」(邦画) 

        11日 「男たちの大和/YAMATO」(邦画)

平和祈念黙とう

平成24年8月6日(月)および9日(木)は「平和の塔」前で、15日(水)は「平和モニュメント『和』」前において、正午から平和を祈って黙とうしました。

こども平和映画会

京田辺市非核平和都市宣言にちなんで、戦争の悲惨さと平和や生命の尊さを次代を担う子供たちに伝えるため、こども平和映画会を実施しました。

●日時  平成25年3月20日(水・祝) 午前10時から(開場午前9時30分)

●場所  京田辺市立中央公民館大ホール

●内容  京田辺市非核平和都市宣言朗読

      アニメ映画上映「ひめゆりの塔(命(いのち)ど(は)宝物語(たからものがたり))」

      「核兵器禁止条約」の交渉開始等を求める署名コーナー設置

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所総務部総務室

電話: (総務調整/文書統計)0774-64-1337

ファックス: 0774-63-4781

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


平成24年度平和事業(ひろしま訪問事業、平和のつどい、平和展、こども平和映画会等)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved