ページの先頭です
メニューの終端です。

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)について

[2018年6月26日]

ID:5112

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

HPVワクチンに関する資料

 

厚生労働省のホームページでも、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)に関する情報がご覧いただけます。

厚生労働省ホームページ

 

現在HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)を積極的にお勧めしていません

 平成25年4月1日からHPVワクチンは、予防接種法に基づく定期接種として、対象の方に案内等を個別通知していましたが、平成25年6月14日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会での審議で、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされ、これを受け、厚生労働省から通知がされました。この通知を受け、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種勧奨(個別通知)を一時差し控えることになりました。

なお、HPVワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、接種を希望される方は、有効性と安全性等を十分にを理解した上で接種してください。

 

感染症・予防接種相談窓口

HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談にお答えします。

 【電話番号】   03-5276-9337

 【受付時間】        月~金曜日  午前9時~午後5時(土日祝日、年末年始を除く)

対象者

標準的な接種年齢 : 中学1年生の女子

接種対象者 : 小学6年生~高校1年生相当の女子

 

接種費用

全額公費負担(自己負担無し)

 

接種方法

積極的勧奨が一時差し控えされているため、接種を希望される方は健康推進課までお問い合わせください。

接種状況に応じて必要な書類をお送りします。

接種に必要なもの

  (1)済証(さくら色の紙) (交付には1週間程度時間がかかります。)

  (2)健康保険証等、氏名・生年月日・住所が確認できるもの

  (3)これまでにHPVワクチンを接種したことがわかるもの(初めて接種される方は、必要ありません。)

 

 

接種スケジュール

 HPVワクチンは、2種類あります。接種するワクチンの種類については、かかりつけ医もしくは接種医とご相談ください。

 十分な予防効果を得るために、また安全性、有効性の観点からも必ず同じ種類のワクチンを3回接種することが大切です。

 接種スケジュールは下記をご確認ください。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所健康福祉部健康推進課

電話: (健康企画/健康推進)0774-64-1335

ファックス: 0774-63-5777

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved