ページの先頭です
メニューの終端です。

個人情報保護制度

[2017年3月31日]

ID:5018

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

個人情報保護制度とは、京田辺市個人情報保護条例により、個人情報を適正に取り扱うための基本的な事項や市が保有する個人情報の開示・訂正等を求める手続を定め、個人の権利利益を保護しようとするものです。

 

個人情報とは

個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、または識別され得るもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。例えば、氏名・住所・生年月日・職業・財産・個人に関する記録などの情報です。

 

制度を実施する機関

市長、議会、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、水道事業管理者および消防長(これらを実施機関といいます。)

 

市が個人情報を取り扱う時の主なルール

個人情報を収集する時のルール

1 収集の目的を明らかにします。

2 適法かつ適切な方法で収集します。

3 必要最小限の範囲で収集します。

4 思想、信条、宗教、犯罪歴および社会的差別の原因となるおそれのある個人情報は、法令に基づくとき等以外は原則として収集しません。

5 原則として本人から収集します。(本人以外の者から収集した時は、原則として本人に通知します。)

 

個人情報を利用するときのルール

1 原則として、利用目的外に利用しません。(利用目的外に利用したときは、原則として、本人に通知します。)

2 原則として、第三者に提供しません。(第三者に提供したときは、原則として、本人に通知します。)

3 個人情報取扱事務を電子計算機処理で行う場合、原則として、実施機関以外のものと電子計算機の結合による個人情報の提供を行いません。

4 正確かつ最新の情報に保ち、適切な管理を行い、保有する必要がなくなったものは、廃棄・消去します。

 

個人情報取扱事務の登録

個人情報を取り扱う市の事務はすべて、その事務の目的、収集する個人情報の内容等を登録し、公表します。

 

京田辺市情報公開・個人情報保護審査会

個人情報保護制度の適切な運営を図るため、本人以外からの収集、目的外利用、外部提供や制度の運営に関する事項などについて意見を述べる機関として京田辺市情報公開・個人情報保護審査会を設置しています。審査会は、知識経験を有する者の中から市長が委嘱する5人以内の委員で組織します。

 

自己の個人情報について

市に請求することができる手続き

1 個人情報の開示請求
   市が保有する自分の情報の閲覧や写しの交付を請求できます。

2 個人情報の訂正請求
   自分の情報に誤りがあるときは、その訂正を請求できます。

3 個人情報の消去請求
   市が収集の制限を超えて自分の情報を収集している場合は、その消去を請求できます。

4 個人情報の利用等停止請求
   市が利用または提供のルールの制限を超えて自分の情報を取り扱っている場合は、その利用等の停止を請求できます。

5 個人情報取扱事務の是正の申出
   市が自分の情報を不適正に取り扱っているときは、その是正を申し出ることができます。

請求の方法等

1 請求等をすることができる人

   市が取り扱っている個人情報の本人または一部の請求権者(2の表参照)

2 請求等の方法

   所定の請求書等に必要事項をご記入の上、個人情報保護制度窓口(市役所4階総務部総務室)に直接提出していただきます。その際、次の必要書類を確認させていただきます。

請求に必要な書類について
 請求者の区分

 必要書類

 1 本人

運転免許証など、本人であることを確認できる顔写真付きの書類1点

※顔写真なしの書類の場合は2点

 2 未成年者または成年被後見人の法定代理人

次の(1)および(2)

(1)法定代理人の本人確認書類

(2)戸籍謄本など、法定代理関係を確認できる書類

  ※本人が15歳以上の未成年者の場合は、上記に加え、本人の同意書が必要です。

 3 本人の委任による代理人

 ※特定個人情報に関する請求のみ可

次の(1)~(3)のすべて

(1)代理人の本人確認書類

(2)本人の本人確認書類

 (3)本人による委任状など、代理権があることを確認できる書類

 4 心身に重度の障がいを持つ方の保護者

次の(1)~(3)のすべて

(1)保護者の本人確認書類

(2)本人の障害者手帳など、本人が直接請求できないことが確認できる書類

(3)住民票の写しなど、客観的に保護者であることを確認できる書類

 5 亡くなられた方の配偶者、子または父母

次の(1)および(2)

(1)請求される方の本人確認書類

(2)住民票の写しなど、本人と請求される方の続柄を確認できる書類

 ※相続財産に関する情報の開示等、利害関係のある情報を請求する場合は、上記に加え、当該利害関係を証明する書類も確認させていただきます。

 6 5以外の亡くなられた方の利害関係者

次の(1)および(2)

(1)請求される方の本人確認書類

(2)請求内容との利害関係を証明する書類

     ※個人情報の内容等によっては、本人以外は請求できない場合があります。

     ※訂正請求の場合は、上記の書類に加え、訂正の内容が事実であることを証明する書類等も確認させていただきます。

     ※請求できるかどうか分からない場合や例示されている書類をお持ちでない場合は、個人情報保護制度窓口(市役所4階総務部総務室)までお問い合わせください。


3 請求等の結果

   開示請求の場合は、原則として請求書を受け付けた日の翌日から起算して14日以内に開示するかどうかの決定をします。
   訂正、消去、利用等の停止請求の場合は、原則として請求書を受け付けた日の翌日から起算して30日以内に諾否の決定をします。
   是正の申出の場合は、速やかに必要な調査を行い、処理を行います。

   いずれも、決定等の後、通知書を送付します。


開示しないことができる個人情報

開示請求をされた場合、本人の個人情報については開示することが原則です。ただし、以下に当てはまる場合は、非開示の決定をする場合があります。

1 法令等により開示できない場合

2 開示することにより市民生活の安全に支障が生じると認められる場合

3 開示請求者以外の個人に関する情報

4 法人等の事業活動に関する情報

5 個人の評価、診断、相談等を伴う事務事業に関する情報

6 市内部や国等との間における意思形成過程に関する情報

7 開示することにより市の事務事業の公正・円滑な執行を著しく困難にするおそれがある場合

8 国等との協力関係により作成等された情報

9 情報公開・個人情報保護審査会の意見を聴いて開示しないことが必要であると認められる情報

開示の方法等

開示は、閲覧または写しの交付により行います。

開示を受ける時は決定通知書と運転免許証などの必要書類を持参してください。

費用

閲覧だけであれば無料ですが、写しの交付を請求される場合は費用(A3まで白黒1面につき10円、A2白黒1面につき20円、カラー1面につき50円)が必要です。

決定に不服があるときは

決定に不服があるときは、実施機関に対して審査請求をすることができます。審査請求があったときは、「京田辺市情報公開・個人情報保護審査会」の意見を聴いて、開示の可否を再決定します。

条例で定められている事業者の責務等

1 個人の権利利益の侵害の防止に関し必要な措置を講じる義務

2 市が行う個人情報の保護に関する施策に協力する義務

 事業者が上記の責務を果たし、適切な個人情報の取り扱いを実施するために、市長は、事業者に対し、啓発、指導、助言、説明の要求、資料の提出要求、取り扱いの是正勧告や事実の公表等を行うことができます。

 また、市は、事業者が行う個人情報保護の取扱いについての苦情相談を個人情報保護制度窓口(市役所4階総務部総務室)でお受けします。

 

罰則

市の職員(職員であった者を含む)または市からの受託等業務の従事者(従事者であった者を含む)には、漏えい等違法行為に対し、最高懲役2年または罰金100万円の罰則があります。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所総務部総務室

電話: (総務調整/文書統計)0774-64-1337

ファックス: 0774-63-4781

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved