ページの先頭です
メニューの終端です。

情報公開制度

[2019年2月20日]

ID:5017

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

京田辺市では、京田辺市情報公開条例により情報公開制度を運用しています。

情報公開制度は、市の機関が作成した公文書を開示することにより、市政運営の公開性を進め、市民のみなさんに市政に参加いただくことなどを目的としています。

 

1 公文書開示請求ができる方(請求権のある方)

公文書開示請求できる方(請求権のある方)は、次のとおりです。

 (1)市内に住所のある方

 (2)市内に事務所または事業所がある個人および法人その他の団体

 (3)市内にある事務所または事業所に勤務する方

 (4)市内にある学校に在学する方

 (5)市が行う事務事業に利害関係のある方(利害関係のある事務事業に限ります。)

2 公文書任意的開示(請求権のない方)

 公文書の原則開示の趣旨から、公文書開示請求できる方以外からの開示の申し出があった場合にも、できる限りその申し出に応じています。

 

3 対象となる公文書

職員が職務上作成し、または取得した文書、図画、写真および電磁的記録のうち、以下のものが公文書開示請求の対象となります。

・平成10年10月1日以後に作成し、または取得したもの

・平成10年9月30日以前に作成し、または取得したもので、保存年数が20年であり、かつ、その目録が整備されたもの

 

4 請求の方法

情報公開制度窓口(市役所4階総務部総務室)で、所定の請求書に氏名、住所や請求したい公文書を特定できる事項などを記入してください。なお、口頭または電話による請求は出来ません。

あらかじめ請求書等を作成して持ち込む場合は、あて先にご注意ください。


(あて先例)

京田辺市長・・・企画政策部、総務部、市民部、健康福祉部(子育て、介護等)、建設部(道路、公園、都市計画等)、経済環境部(環境、ごみ等)および出納室関係の公文書を請求する場合

京田辺市議会・・・議会関係の公文書を請求する場合

選挙管理委員会・・選挙関係の公文書を請求する場合

教育委員会・・・学校、教育関係の公文書を請求する場合

公平委員会・・・公平委員会に関係の公文書を請求する場合

監査委員会・・・住民監査、定期監査に関係する公文書を請求する場合

農業委員会・・・農業委員会に関係する公文書を請求する場合

固定資産評価審査委員会・・・固定資産評価審査委員会に関係の公文書を請求する場合

京田辺市公営企業管理者・・・上下水道関係の公文書を請求する場合

消防長・・・消防関係の公文書を請求する場合




 

5 請求書様式

※記入方法についてはお問い合わせください。文書名が誤っている場合、文書が特定できず公開できない場合や、ご希望の文書とは異なる文書が公開される場合があります。

6 開示できない情報

公文書は原則開示していますが、個人のプライバシーや公共の利益を守るため、次の情報が記録されている公文書は開示できない場合があります。

法令等により開示できない情報

(1)個人に関する情報

(2)法人等の事業活動に関する情報

(3)開示することにより市民生活の安全に支障が生じるおそれのある情報

(4)開示することにより会議の公正・円滑な議事運営が損なわれると認められる情報

(5)国等との協力関係により作成等された情報

(6)市の意思形成過程における情報

(7)開示することにより市の事務事業の公正・円滑な執行に支障が生じるおそれがある情報

 

7 開示の決定

請求書を受け付けた日の翌日から起算して14日以内に決定をします。(やむを得ない理由がある時は、延長することがあります。)

 

8 開示の方法

公文書の閲覧・写しの交付によります。

 

9 手数料

公文書の閲覧に係る手数料は無料ですが、その写しの作成や郵送を希望する場合は、請求者の負担となります。写しの作成に要する費用は、下表のとおりです。

写しの作成に要する費用

種類

写しの作成方法

用紙の大きさ

(日本工業規格)

金  額

(写し片面1枚につき)

文書、図画、写真およびフィルム

市役所庁舎内に設置している複写機による複写

B列5番

B列4番

A列4番

A列3番

10円

A列2番

20円

上記のうちカラー複写

B列5番

B列4番

A列4番

A列3番

50円

上記以外の場合

作成に要した実費相当額

電磁的記録

用紙に出力したもの

「文書、図画、写真およびフィルム」の写しの作成に要する費用に同じ。

上記以外の場合

作成に要した実費相当額

 

 

10 決定に不服があるときは

 請求された公文書を開示しないときは、その理由をお知らせしますが、その決定に不服があるときは、審査請求ができます。審査請求があったときは、情報公開・個人情報保護審査会(学識経験者など第三者で構成)に諮問し、その答申を尊重して審査請求に対する裁決を行います。

 

11 その他

市は、公文書開示請求による公文書開示以外にも、ホームページや行政資料コーナー(市役所庁舎2階)などにより市政に関する情報提供に努めています。

 行政資料コーナーのページは、こちら

 

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所総務部総務室

電話: (総務調整/文書統計)0774-64-1337

ファックス: 0774-63-4781

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved