ページの先頭です
メニューの終端です。

「Nothing ventured, nothing gained!」(思い切ってなさねば得るところなし)第2回

[2012年9月20日]

ID:2414

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ワーク・ライフ・バランスとは?

京田辺市で仕事を始めたばかりの私は、最近あることに気付きました。それは日本語の「ワーク・ライフ・バランス」という言葉です。英語では使わない表現ですが、分かりやすい言葉なのですぐ理解できました。今は日本で働いていますので、日本人のワーク・ライフ・バランスに対する意識をもっと知りたいという気持ちがあります。

イギリスでは、「残業」のような言葉はまったく使われていないです。イギリスの職場では、時間になったらみんな出口へダッシュと言えるかもしれません。仕事が本当に好きな人は少ないという気がします。

イギリスでよく知られている私の好きな表現を紹介します。「好きな仕事さえ見つければ、人生は一日も働かない」(Find a job you like and you’ll never work a day in your life)。

イギリスでは、日本人は仕事熱心というイメージがあります。しかし、義理で仕事に熱心か、仕事が好きという理由で熱心か、分かりません。もう一つの好きな表現は、「仕事を頑張る、そして遊びも頑張る」(Work hard, play hard)。

みなさん、「Work hard, play hard」をしていますか?

Work-Life Balance?

Having just begun working in Kyotanabe, I have recently become aware of the Japanese phrase "work-life balance". It's not a phrase we use in English, but I understood its meaning straight away. Since I'm working in a Japanese workplace, I'm curious about people's perceptions of "work-life balance". In English, we don't have terms such as "Zangyou" (after-hours work). In the UK, you could sometimes say that there's a mass dash to the exits at the end of the working day! I don't feel that there are many people in the UK who really enjoy their jobs. I'd like to share with you a popular saying from home that I like a lot. "Find a job you like and you’ll never work a day in your life".

 In the UK, Japanese people are perceived as hard workers. Do they work hard out of a sense of duty, or do they simply love to work? We don't know.

I want to leave you with another favourite phrase of mine. "Work hard, play hard". It means to give equal attention to both work and recreation.

Are you all working hard and playing hard? 

 

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部市民参画課

電話: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1314 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

ファックス: (市民活動推進/男女共同参画)0774-64-1305 (女性交流支援ルーム)0774-65-3709

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


「Nothing ventured, nothing gained!」(思い切ってなさねば得るところなし)第2回への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved