ページの先頭です
メニューの終端です。

行政評価(事務事業評価)

[2016年12月2日]

ID:2373

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1 行政評価とは

行政評価とは、政策・施策・事務事業からなる政策体系について、その成果や実績などを事前・事中・事後で、有効性や効率性などの観点から評価するものを言い、行政の現場に「計画(Plan)」→「実施(Do)」→「評価(Check)」→「改善(Action)」→ 「計画(Plan)」・・・というPDCAサイクル(マネジメントサイクル)を導入し、成果の達成に向けた事業の実施を可能にする手法です。

行政評価は、一般的に「政策評価」「施策評価」「事務事業評価」の3つの仕組みによって構成されますが、本市では職員にとって最も身近な事務事業を評価対象とする「事務事業評価」を導入しています。

2 事務事業評価導入の目的

事務事業評価を導入した目的は、「PDCAサイクル(マネジメントサイクル)の確立」と「仕事に対する考え方の改革(職員の意識改革)」を進めることにより、成果重視の行政運営を行うことです。

3 行政評価導入基本方針について

4 事務事業評価結果について

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所企画政策部企画調整室

電話: (企画調整)0774-64-1310

ファックス: 0774-62-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


行政評価(事務事業評価)への別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved