ページの先頭です
メニューの終端です。

消火器の廃棄について

[2010年5月25日]

ID:2007

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

消火器による事故を防ぎましょう!!

なぜ消火器が破裂するのか?

  1. 消火器の内部には圧縮された二酸化炭素ボンベが内臓されています。
  2. 消火器のレバーを握ると、圧力ボンベに穴が開き、本体容器の内部に二酸化炭素が充満し、その圧力で消火薬剤が放出されます。
  3. その時、消火器本体に腐食や変形があると、その部分が圧力に耐えられなくなり、破裂することになります。
キャップや底部の錆び、キズやヘコミ

古い消火器は販売業者等に回収を依頼!

  • 消火器の本体が錆びていたり変形しているときは、絶対に使用しないでください。
  • 耐用年数(おおむね8年)を超えていたら点検してください。
  • 不要になった消火器を屋外に放置したり、一般のゴミ回収に出さないでください。
  • 不要になった消火器の廃棄は、販売店または廃消火器リサイクルシステム回収窓口に相談してください。

※消火器の廃棄処理は、メーカーや消火器の種類によって料金に違いはありますが有料です。

※廃消火器リサイクルシステム回収窓口は、(株)消火器リサイクル推進センターのホームページからご確認いただけます。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所消防本部予防課

住所: 京都府京田辺市田辺78

電話: (予防/指導)0774-63-7826

ファックス: 0774-65-1511

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


消火器の廃棄についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved