ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険加入者の前期高齢者医療制度(70歳~74歳)について

[2017年8月1日]

ID:1642

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢受給者証の交付について

70歳の誕生日を迎えられ、後期高齢者医療制度に加入していない人は、誕生日の属する月の翌月(1日生まれの方は当月)から、75歳の誕生日の前日まで「高齢受給者証」が交付されます。

高齢受給者証の自己負担割合は、高齢者世帯の所得区分によって異なります。

平成29年8月~平成30年7月までの所得区分は、平成29年度の住民税課税所得により判定しています。(下表参照)

所得区分
区分対象者
現役並み所得者

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳~74歳の国保被保険者がいる人。

 ただし、現役並み所得者のうち、70歳~74歳の国保被保険者の収入の合計が、二人以上で520万円未満、一人で383万円未満の場合は、申請により、「一般」の区分と同様となります。

 また、同一世帯に国保から後期高齢者医療制度に移行した人(旧国保被保険者)がいて現役並み所得者になった高齢者国保単身世帯の場合、住民税課税所得145万円以上かつ収入383万円以上で同一世帯の旧国保被保険者も含めた収入合計が520万円未満の人は、申請により「一般」の区分と同様となります。

※課税年度の前年12月31日に世帯主であり、同一世帯に合計所得が38万円以下の19歳未満の国保被保険者がいる場合は、住民税課税所得から下記の金額を控除した後の金額で判定します。                                                                                                                  控除金額(0~15歳の加入者数×33万円、16~18歳の加入者数×12万円)

一  般

現役並み所得者、低所得2・1以外の人。

※平成27年1月以降新たに70歳となった国保被保険者のいる世帯のうち、「基礎控除後の総所得金額等」の合計額が210万円以下の場合は「一般」の区分となります。

低所得2同一世帯の世帯主および全ての国保被保険者が住民税非課税である世帯に属する人で低所得1以外の人。
低所得1同一世帯の世帯主および全ての国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得(年金の所得は収入から差し引く控除額を80万円として計算)が0円となる人。
自己負担割合
区分自己負担割合
現役並み所得者3割
一般

※昭和19年4月1日までに生まれた人 1割

昭和19年4月2日以降に生まれた人 2割

低所得2
低所得1

 

※本来は2割ですが、特例措置により1割に据え置かれています。

    高齢受給者証の表記は2割(特例措置により1割)となっています。

 

所得区分が低所得者2または低所得者1の人は、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。

この認定証は医療機関に提示していただくことにより、入院時に食事代の標準負担額を減額されるほか、窓口での自己負担額が限度額までとなります。入院される前に申請をお願いします。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所市民部国保医療課

電話: (国保)0774-64-1332(医療)0774-64-1374

ファックス: 0774-63-1567

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


国民健康保険加入者の前期高齢者医療制度(70歳~74歳)についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved