ページの先頭です
メニューの終端です。

三山木駅の整備に関する検討結果

[2010年2月4日]

ID:541

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 市では、JR・近鉄三山木駅前の整備について、平成17年8月に市民アンケートを実施しました。

 その結果を踏まえ、学識経験者、市民の代表、同志社大学の学生などにより構成した三山木地区個性あるまちづくり検討会で、平成17年8月から12月にかけて具体的な方針やデザインコンセプトについて検討して参りました。

 その検討結果がまとまりましたので報告します。ご協力をいただいた市民の皆様、関係者の皆様ありがとうございました。

 今回、三山木地区個性あるまちづくり検討会での“まなびや”と“ふるさと”がふれあうまちの玄関をテーマとした整備方針に基づき駅前広場と今後のまちづくりに対する、主な内容とイメージパース(概要)を報告します。

 

整備方針
  アンケート結果 討論会での整備方針(具体化)
三山木駅周辺イメージ・学生の集う文化的なまち
・犯罪や事故の少ない安全なまち
・にぎわいのあるまち
・シンプルなイメージ
・たまれる空間の確保とモニュメントの配置
・遮るもののない開放的な空間と夜間照明
・歩行空間の確保とベンチの配置
・膜素材のシェルターによる斬新なデザイン
三山木らしいモチーフ・学研都市・大学
・田園や山並み
・竹林
・木津川
・レンガ色とアースカラーを基本
・四季を感じる花木の採用
・竹をイメージした照明器具の採用
・水景として噴水の採用
駅前の景観・レンガ色を基調とした落ち着きのある景観
・緑豊かな景観
・舗装材はレンガ色とアースカラーを基本
・みどり豊かな空間
駅前広場に必要な施設・屋根付の通路
・ベンチ
・噴水
・膜素材のシェルターを採用
・ベンチを数多く配置
・噴水をモニュメントとして採用
駅前広場の利用・ミニコンサートなどができる空間
・休憩・休息
・開放的な空間の確保
・ベンチの配置

 

今後のまちづくり
  アンケート結果 討論会での整備方針(具体化)
街の維持管理・住民と行政が協働し進める・官民共同で役割分担を検討
・管理区分の明確化
今後のまちづくり活動・住民と行政が協働し進める・周辺住民や事業者の連携が必要
  • アンケートではこの他にもたくさんのご意見をいただきました。いただいた全ての意見について、三山木地区個性あるまちづくり検討会で取り上げ、議論をおこなってきました。具体化できなかったものもあったかと思いますが、今後、頂いたご意見については、まちづくりを行う上での参考にさせて頂きます。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所建設部三山木整備室

電話: 0774-65-5540

ファックス: 0774-62-2844

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved