ページの先頭です
メニューの終端です。

火災が発生したら

[2010年4月20日]

ID:298

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

火災の特徴 

火の用心のポイント


(1)早く知らせる

  • 「火事だっ!」と大声を出して、隣近所に助けを求めましょう。
  • 小さな火事でも、ただちに119番通報しましょう。

  ↓

(2)早く消火する

  • 出火から3分以内が消火できる限度。落ち着いて素早く行動しましょう。
  • 消火器や水だけでなく、毛布など手近なものもフルに活用して消火しましょう。

  ↓

(3)早く逃げる

  • 天井まで火が燃え広がったら消火は困難。いさぎよく避難しましょう。
  • 避難するときは、燃えている部屋のドアや窓を閉めて延焼を防ぎましょう。

 

消火する時の注意

≪火元が家の中≫

油なべ

水をかけるのは厳禁。消火器で消し、ガスの元栓を締めるのが一番。
なべにふたをしたり、ぬらしたシーツやタオルでなべ全体をおおう方法もあります。

消火器がないとき

  • なべに合うふたを手前から向こう側にかぶせ、ガス栓を締める。
  • ぬらしたシーツを固く絞り、なべ全体をおおい、シーツの上から栓を締める。
    (火が消えても完全に温度が下がるまでは、ふたやシーツをとらないようにしましょう。)

消火器があるとき

  • なべに向かって噴射し、火が消えたらガス栓を締める。

 

たばこ

 たばこ火災で怖いのは炎が出ない無炎燃焼。着火後、数時間経って燃え出すこともあります。
 見えないところに火ダネが残ることもあるので、広範囲に消火器や水をかけましょう。

 

風呂場

 いきなり戸を開けると、火勢が強まる危険があります。消火器や水を用意して、ガスの元栓を締め、徐々に戸を開けて一気に消火しましょう。

 

ふすま・カーテン・障子

 火が燃え上がる時の通り道になるので、天井まで燃え広がる前に水や消火器で消火を。
 間に合わなければカーテンはレールから引きちぎり、ふすまや障子は蹴り倒して消します。

 

衣類

 着衣に火がついたら、転げ回って火を消します。
 風呂場の近くにいるときは、浴槽の残り水を頭からかぶるか、浴槽の中に飛び込みましょう。
 (髪の毛に火がついたら、化繊以外のタオルなどを頭からかぶります)

 

石油ストーブ

 消火器があれば火元に向けて噴射を。
 ない場合は、毛布などをストーブにかぶせ、バケツの水を真上から一気にかけます。
 (火が消えた後も、天板の余熱で再発火するケースがあるので注意を)

 

電気製品

 いきなり水をかけると感電する危険も。
 まずコードをコンセントから抜くこと。出来ればブレーカーも切ってから火を消しましょう。 

 

火元が家の外

放火・たき火

 火元が戸外の場合は、家屋に火が燃え移る前に消火することが大切。
 煙や匂いなどの異変に気づいたら、ただちに火元を確かめて、ボヤのうちに火を消しましょう。
 あらかじめ出入り口付近や車庫・物置などに消火器や水の入ったバケツを置いておくと安心です。

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所消防本部予防課

電話: (予防/指導)0774-63-7826

ファックス: 0774-65-1511

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved