ページの先頭です
メニューの終端です。

火の用心のポイント

[2010年3月15日]

ID:278

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

コンロ

コンロ

原因

 大半は火の消し忘れ。続いて過熱、使用方法の誤りなど。

対策

  • 油料理の際は火のそばを離れず、離れる時は必ず火を消す。
  • 使用方法を守り、加熱しすぎない。
  • ガス台の周囲には燃えやすいものを置かない。


火遊び

火遊び

原因

 子どもが扱ったマッチとライターがほとんど。

対策

  • マッチやライターを子どもの手の届くところに置かない。
  • 普段から子どもに火の怖さや正しい扱い方を教えておく。


たばこ

たばこ

原因

 投げ捨てが最多で、火源の転倒・落下、再燃など。

対策

  • 投げ捨て、寝たばこはしない。
  • 喫煙場所を設けて、灰皿には水を。
  • 吸いさしを残したまま、その場を離れない。


石油ストーブ

石油ストーブ

原因

 可燃物の接触・落下、引火・ふく射、使用方法の誤りなど。

対策

  • ストーブで洗濯物を乾かさない。
  • 周囲に燃えやすいものを置かない。
  • 給油は完全に火が消えたことを確認してから。


放火

放火

原因

 深夜、車庫・玄関・物置などの紙くずや新聞紙がねらわれやすい。

対策

  • 家の周囲に燃えやすいものを放置しない。
  • ゴミは収集日の朝、決められた場所に出す。
  • 車庫や物置などに鍵をかける。


電気器具

電気器具

原因

 短絡(ショート)、絶縁劣化、電気的原因で発熱など。

対策

  • たこ足配線はしない。
  • 傷んだコードはすぐに修理(交換)する。
  • 使用説明書をよく読み、正しく使う。


たき火

焚き火

原因

 風にあおられて火の粉が飛び火したり、火の消し忘れなど。

対策

  • 風の強いとき、乾燥しているときはしない。
  • 消火用の水を用意し、周囲の安全確認を。
  • 終わったら必ず消火の確認を。


風呂

風呂

原因

 空だき、消し忘れなど。

対策

  • 点火するときは水が入っていることを確認する。
  • 水がもれないように栓は手で完全に締める。
  • 消す時は点火コックだけでなく元栓も締める。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページはわかりやすかったですか?

  • このページの内容は役に立ちましたか?

アンケートは、今後のQ&A作成の参考とさせていただきます。

お問い合わせ

京田辺市役所消防本部予防課

電話: (予防/指導)0774-63-7826

ファックス: 0774-65-1511

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

(C) Kyotanabe City. All Rights Reserved